• [0]
  • ★【中部】

  • 投稿者:kyoto-HM
 

中部地方の地震予測関連情報です。

北海道東北関東信越北陸中部
近畿中国四国九州沖縄小笠原世界
コメントテロップ||用語解説INDEX||災害時緊急伝言板

投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
*投稿パスワード HM専用スレッドです。
sage

  • [10]
  • 強い地震に留意

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2018年 2月11日(日)10時35分52秒
 
(記)2018/2/11 10:45

中部地方において、高M値地震前兆が出ています。
予想される震源や時期といった詳細情報についてはこれからのまとめとなりますが、
規模についてはM6クラス後半程度となり、この地震に伴う最大震度は5弱~5強が見込まれる事から、
海域震源の地震である事が予想されます。

尚、この地震と、想定されている東海地震との関連性は今現在のところ不明です。


  • [9]
  • 注意情報[岐阜県150223]

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2015年 2月23日(月)08時37分1秒
 
(記)2015/2/23 8:37
■震源:岐阜県美濃中西部(または東部)
■規模:M4.8±0.2
■震度:4(~5弱)
■期間:現在以降の当該地域を震源とする有感発震のみを数えておおむね3発震目が経過するまでの間。
□履歴:-#3 2014/12/26
□目安:約3ヶ月間


  • [8]
  • 中部地方における総評について

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2014年 8月31日(日)20時00分4秒
 
(記)2014/8/31 20:00

[3]~[7]にて各地域毎の発震リスクを掲示いたしましたが、
ご覧の通り各地ともに上昇の一途を辿り高M値発震の恐れが高まりつつあると同時に
その時期の集中傾向が色濃くなっております。

これは、ひとつの想定として考えられることは、それぞれ各地における個別の事案ではなく、
東海道南方沖や遠州灘、駿河湾といった海域を震源とするM6クラス後半程度の大型発震が目前にまで迫っており
その影響を受けている恐れがあるということです。


中部地方全域におけるマグニチュード分布帯のこれまでの推移においても、
一部には前出の規模の発震を示すデータがあり、
中部地方に隣接するいずれかの海域を震源とする大型発震の可能性が極めて高くなっている状況と言えます。

また、震度3以上となった地震を対象としたマグニチュード分布では、
M6クラスまたはそれ以上となる高M値発震に対応すると見られる起点が2件存在(※)しており、
過去の事例から同レベルの地震が2件、半年以内の間隔を以って発生する可能性があります。

事例①
2007/1/16 3:18 静岡県東部 M5.7 震度3
2007/4/15 12:19 三重県中部 M5.3 震度5強

事例②
2009/8/9 19:56 東海道南方沖 M6.9 震度4
2009/8/11 5:07 駿河湾 M6.6 震度6弱

事例③
2011/3/15 22:31 静岡県東部 M6.0 震度6強
2011/8/1 23:58 駿河湾 M6.1 震度5弱

今回の場合、規模や震源については事例②相当の地震事象となることが予想されます。


(※)
A:2011/3/16 2:14 静岡県東部 M2.8 震度3
B:2011/11/25 5:14 静岡県東部 M2.7 震度3


  • [7]
  • 参考情報[静岡県140831]

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2014年 8月31日(日)19時04分34秒
 
(記)2014/8/31 19:10
■震源地:静岡県(西部/中部/東部/伊豆地方が対象)
■規模:M4.6±0.2
■最大震度:3~4
■参考期間:現在以降の静岡県(上記地域)を震源とする有感発震のみを数えておおむね5発震目が経過するまでの間。
□有感履歴:-#5 2014/7/26
□目安:約1ヶ月間

■各分布状況図

  • [6]
  • 警戒情報[愛知県140831]

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2014年 8月31日(日)18時39分55秒
 
(記)2014/8/31 18:40
■震源地:愛知県全域対象(愛知県西部の可能性)
■規模:M5.8±0.3
■最大震度:5弱~5強
■警戒期間:現在以降の愛知県(全域対象)を震源とする有感発震のみを数えておおむね5発震目が経過するまでの間。
□有感履歴:-#5 2013/9/15
□目安:約1年間


■各分布状況図

  • [5]
  • 警戒情報[三重県140831]

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2014年 8月31日(日)18時03分47秒
 
(記)2014/8/31 18:00
■震源地:三重県全域対象(中部または南部の可能性)
■規模:M5.6±0.3
■最大震度:5弱~5強(※)
■警戒期間:現在以降の三重県(全域対象)を震源とする有感発震のみを数えておおむね5発震目が経過するまでの間。
□有感履歴:-#5 2013/8/13
□目安:約1年間


★余震群としてM3~4クラス震度3程度の地震の複数件連続的発生が予想されます。

※三重県南方沖が震源となった場合の震度は300km~の深発で3以下、50㎞程度までですと4と予想されます。

■各分布状況図

  • [4]
  • 駿河湾の今後の動向について

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2014年 8月31日(日)17時20分7秒
 
(記)2014.8.31 17:20
駿河湾では現在、M分布基準帯から極端にかけ離れた低M値規模の起点が1件出ています。
※この情報内での駿河湾とはすべて駿河湾南方沖を含みます。

2012/12/6 16:31 駿河湾 M2.2 震度2

通常この規模での震度は1となる事が大多数を占め、おおむねM5クラス半ば程度までの完結点発震を想定するものですが、
この地震は震度が2となっており、当震源における震度2以上を観測した地震のみのM分布帯でのM2.2は前例のない
極小規模による顕著な起点となっていることから、M6クラス半ば程度の完結点に対応すると見られます。
※M分布全体の状態から完結点規模はM6.4±0.2(最大震度6弱程度)と推測。

今後の駿河湾を震源とする有感地震を数えておおむね3発震程度が経過するまでの間を発生時期の目安とすることが出来ますが、
直近3発震における1発震毎の間隔が年に1回程度となっており、日数的期間を算出することが困難です。

この、発生タイミングのひとつの例では、3.11M9.0が発生した約5ヶ月後にM6.1(最大震度5弱)の地震が発生していることから、
万一東日本地域においてM7クラス以上の大型地震が発生した際にはその後ただちに当地においても警戒すべきタイミングであると言えます。

※これはすなわちこの事象が東日本地域における大型地震の発生を示しているとも考えられます。

  • [3]
  • 岐阜県の今後の動向について

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2014年 8月31日(日)16時07分2秒
 
(記)2014.8.31 16:00
岐阜県では現在、全域を対象とするマグニチュード分布に上昇傾向が見られ、まもなくそのピーク地点に到達することが予想されます。

ピーク時の発震規模はおおむねM5.0前後、最大震度は4と推測されますが、
局地的に震度5弱といった強めの揺れを観測する地域があるかもしれません。

今後の岐阜県(全域対象)を震源とするすべての有感地震を数えておおむね10発震程度が経過するまでの間が注意期間の目安となりますが、
この地域では有感地震発生の際に群発化することがあり、10発震の経過に要する日数的期間を一概に割り出すことが困難です。
※5月3日にはその一日間で27回もの有感地震が発生しているが、その前の10発震については約5ヶ月間を要している。

季節柄、山間部などでは降雨による地盤の緩みなどの危険性が増す中での震度5弱程度の地震となりますと、
最悪の場合には土砂災害に発展する恐れもあるため、今後の地震動向に充分ご留意いただきたいと思います。

※岐阜県美濃地方と岐阜県飛騨地方の各危険度を比較した際の割合は5対5(同等)といった状態です。
※この地域での地震は東日本における大型発震との関連性が強いものです。

  • [2]
  • 2014年5月5日 5時18分ごろ

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2014年 5月24日(土)09時32分1秒
 
#7 2014/5/5 5:18 伊豆大島近海 M6.2 震度5弱

地震情報

  • [1]
  • 伊豆周辺【6ヶ月・震度5弱・注意】

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年10月12日(土)11時04分56秒
 
伊豆半島全域データより、現在M5クラスの発震の可能性が高い状態にあります。

伊豆半島(伊豆半島東方沖ならびに伊豆大島近海)におけるマグニチュード分布の一部に上昇傾向が見られ、
全体のベクトルがおおむねM5.0を超える領域に集中している中、
M4クラス以上の第一完結点に対応すると見られる顕著な起点発震が1件発生しています。

2013/5/13 8:25 伊豆半島東方沖 M1.5 震度1

この起点に対する第一完結点発震として予想される直近最大の発震は次の通りです。

■震源地:伊豆半島東方沖または伊豆大島近海
■規模:M5.2±0.3
■最大震度:4~5弱
■注意期間:現在以降の該当震源地を震源とする有感発震のみを数えておおむね5発震目(+#3)が経過するまでの間
□有感履歴:-#5 2013/4/4(-#8 2013/3/6)

★これまでの震度進行の推移状況から、最大震度は4となる事が予想されますが、
念のため震度5弱程度の強めの揺れに対しご注意下さい。

※M布状況図は
こちら