teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


子宮頸がん検診の異常な過剰診断?過剰治療

 投稿者:NANA  投稿日:2015年 5月14日(木)08時41分26秒
返信・引用
  現在日本では、20歳からの年1回の子宮頸がん検診が婦人科医ら専門家によって推奨されています。

日本の産婦人科医学誌に報告された論文によれば、症状のない健康な20代女性が検診を受けると約1%の女性に治療(子宮頸部円錐切除か子宮摘出)が必要な病変(高度異形成や上皮がん)が見つかるとされています。(英国では1.4%という報告もあります)
現在の20代女性の検診受診率は20%に達していないと考えられますが、仮に20%とすると、全20代女性=618万人×0.2×0.01=12.360人という膨大な数の女性が、毎年、検診を受けたために手術を受けている(受けるはめになっている)ことになります。仮に、受診率が欧米並みに70%にもなると43.260人の20代女性が手術を受けることになります。
一方、20代女性が子宮頸がんで亡くなるのは年間僅かに10数人で、30代、40代になって亡くなる方はそれぞれ174人、366人です。
子宮頸がんで亡くなる人の100倍から1000倍の女性に手術をしてしまうことになる検診って、どこかおかしいとは思いませんか。

乳がん検診(マンモグラフィ)での過剰診断?治療の深刻な弊害は今や世界的な議論になっていますが、子宮頸がん検診のそれは未だほとんど問題になっていません。
私はブログでこの問題を深く掘りさげて記事を書いています。よろしければ、参考にしてみて下さい。

http://s.ameblo.jp/nana7770214/

 
 

ガン治療に絶対的に効果のある食事療法

 投稿者:梅造  投稿日:2013年11月10日(日)11時48分10秒
返信・引用
  ガン治療に絶対的に効果のある食事療法です。
一人の人でも多く実践していただいて助けになれば幸いです。
http://blog.livedoor.jp/byezowism-supplement/archives/33941427.html
 

レンタル掲示板
/1