スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:786/1000 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

いまだに有名な神速歩行術

 投稿者:ituncle  投稿日:2012年 4月18日(水)22時27分39秒
  通報
 


********************************************************************************
http://www.suncrea.jp/blog/?cat=47

時は幕末。伊勢に竹川竹斎という人がいた。幕府の御為替御用を務めた豪商で、あの勝海舟や大久保一翁などとは友人の間柄。この竹斎が、伊勢と江戸を3日間で往復したという記録があるという。
********************************************************************************

江戸時代全国は飛脚の制度でネットワーク化されていた。江戸と伊勢も主に飛脚によって江戸の店の情報が頻繁に伊勢の店主のもとに届けられていた。写真右手の家は豪商竹川竹斎の家で、この超リッチマンこそは神速歩行術で知られている。現代の書物にもそのことが出ている。上記のようにインターネットにも出ているくらいである。昨年竹川竹斎の直系子孫のかたに、そのことを尋ねてみた。飛脚にたのむと伊勢から江戸まで何日もかかる。それならわしが行くと竹川竹斎は自分で江戸までぶっ飛んでいったとか。ほんとに3日で往復?とたたみこみますと、ご子孫のかたはにこにこ笑っていた。伊勢と江戸を3日間で往復した人でいまだにつとに有名な竹川竹斎の話。わたしの古民家のまんまえのおかたなんです。松電沿線のことでした。ハイエースなら3日で往復できます。



 
》記事一覧表示

新着順:786/1000 《前のページ | 次のページ》
/1000