teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


水素豊富水

 投稿者:松庵 熱海メール  投稿日:2010年 4月13日(火)15時28分6秒
返信・引用
  自分で作る,体が感じる確かな手応え、ペットボトルに入れるだけ、出来たての高濃度水素水で免疫力アップ
例えば水素水300ml飲んだ場合、1つの細胞に対して500万個と言うとてつもない数の水素が約20分で全身の細胞にくまなく行き亘る計算になる、後は体内の名医に任せれば良いにです。病気の唯一無二の原因は活性酸素による酸化傷害にあります。簡単確実安価の「水素発生ミネラルステイック」¥3990 日米韓特許取得済み数多の許認可取得済み、活性酸素VS活性水素の闘いの帰趨こそ私達の健康と病気を左右する「真の原因」なのです。林秀光博士提唱
資料提供中
 
 

メジャー3団体一丸!年内にも「プロレス協会」設立

 投稿者:雷蔵Я  投稿日:2009年 6月19日(金)12時58分27秒
返信・引用
  ノアの三沢光晴さん(享年46)が13日に試合中の事故で亡くなったことを受け、自民党の文部科学部会・文教制度調査会の合同会議は18日、ノア、新日本、全日本の関係者を招いて意見交換を行った。ノアの仲田龍取締役統括本部長、新日本の菅林直樹社長、全日本の武藤敬司社長は再発防止へ向け、統一コミッションを兼ねた「プロレス協会」の年内設立へ動くことを明言した。なお、三沢さんの通夜がこの日夜、都内の寺院で営まれた。

 三沢さんの不慮の死がプロレスメジャー3団体を動かした。自民党の渡海紀三朗文教制度調整会長、元プロレスラーの馳浩文部科学部会会長が発起人となった合同会議は「格闘技興行における事故死について」と題し、3団体の幹部と意見交換を行った。「6月18日は三沢さんが生きていれば47歳の誕生日。あらためてお悔やみする」とあいさつした馳議員は、「プロレス業界として統一された協会、コミッションがない。最低のルールづくりをしてほしい」と要望。日本プロボクシング協会を例に挙げ、選手の資格や健康管理、出場停止制度、講習などコミッション的な役割も持つ「協会」設立を要望した。

 3団体は既に、選手のデビューのレベル、レフェリーの技術交流などを目的とした統一の「ライセンス委員会」設立を計画していた。今年3月から月1回、各団体の事務所で会議を重ね、24日にはノア事務所で最終会議を予定。委員会のロゴも準備され、7月に正式発表するはずだった。しかし、三沢さんの死と馳議員の提案により、さらに役割を増やした統括団体の必要性に迫られることになった。全日本の武藤社長は「統一的な機構ができるか考えたい」と協会設立へ前向き。ノアの仲田取締役は「ライセンスをつくる方向で話し合いをしていたが、早急に協会をつくることにシフトして3団体で協議したい」と年内設立へ向けた準備を明言し、新日本の菅林社長も「協会をつくる方向で進んでいくと思う」と賛同した。

 プロレス界をまとめる組織づくりを推進していたのが、亡くなった三沢さんだった。まずは3団体で協会を設立し、その後マイナー団体へ“加盟”を働きかけることになりそうで、仲田取締役は「三沢の遺志である、統一した協会をつくらなければいけないと思う」と決意を口にした。

6月19日7時4分配信 スポニチアネックス

http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2009/06/19/01.html

 

泉谷しげる「雨上がりの夜空に」 ラジオで清志郎さんを歌う

 投稿者:雷蔵Я  投稿日:2009年 6月14日(日)13時03分9秒
返信・引用
   がん性リンパ管症のため、5月2日に58歳で亡くなったロックミュージシャン忌野清志郎さんと38年のつきあいで、「師匠」としていた歌手の泉谷しげる(61)が13日、東京・有楽町のニッポン放送で、特別番組「泉谷しげるのオールナイトニッポンGOLD忌野清志郎は永遠です!」の収録を行った。「アイツは死んでないから追悼番組じゃないぞ! ちっきしょー」と語る一方、清志郎さんの代表曲「雨上がりの夜空に」「ぼくの好きな先生」を、涙をこらえながらギターで弾き語りした。

 「オレの中では死んでなんかない」と通夜・告別式の出席を拒絶した泉谷はこの日も「アイツは(今も)向こうからおれに会いに来てる。オレの心の中からアイツはどいてくれないんだよ。忘れないしずっとつきあっていく」と泉谷のトークは明るくハイテンション。

 4万人が集まった告別式はテレビで見たといい「あいつってそんな国民的歌手じゃないだろうに。ウソくさいよ!」「竹中(直人)みたいに泣いてりゃいいのか」と泉谷らしい毒舌が展開される一方で、この番組のために「雨上がりの夜空に」を練習したことを照れくさそうに明かした。

 泉谷ならではのトークと清志郎さんの楽曲、泉谷の弾き語りで30曲近くが流れる3時間。取材陣に「清志郎というとんでもない人間がいたことの“証言者”になりたいんだ。アイツは『余計なことしやがって。大きなお世話!!』って言って生き返るんじゃねえか」と語り「師匠」を“挑発”するかのような場面もあった。

 特別番組の放送は、15日午後6時50分~同9時50分、関東ローカル。

2009年6月14日 中日スポーツ紙面から

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2009061402000129.html

 

プロレスの三沢光晴さん、リングで頭強打し死亡

 投稿者:雷蔵Я  投稿日:2009年 6月13日(土)23時55分37秒
返信・引用
   13日午後8時45分頃、広島市中区の広島県立総合体育館グリーンアリーナで、プロレスリング・ノアの試合中、ノアの社長でプロレスラーの三沢光晴さん(46)が相手選手に投げられ、頭部を強打した。

 三沢さんは救急車で市内の病院に運ばれたが、同10時10分、死亡が確認された。

 大会関係者によると、三沢さんはこの日、開かれた「サザンナビ09」広島大会のメーンイベントのGHCタッグ選手権に出場し、相手選手にバックドロップをかけられ、リングで頭を強打し、意識を失ったという。

 ノアの公式ホームページなどによると、三沢さんは埼玉県越谷市出身。1981年にプロレスにデビュー。2代目タイガーマスクとして人気を集めた。2000年に全日本プロレスを退団し、理想のプロレスを目指してノアを創設した。
(2009年6月13日23時24分  読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20090613-OYT1T01053.htm

 

RCサクセション“再結成”されていた!?

 投稿者:雷蔵Я  投稿日:2009年 6月 3日(水)14時57分11秒
返信・引用
  2009年6月3日(水)9時53分配信 日刊スポーツ

 ロック歌手忌野清志郎さん(享年58)が亡くなって1カ月。清志郎さんが率いたロックバンドRCサクセションが“再結成”していたことが2日、分かった。17日発売の清志郎さんの新曲「Oh! RADIO」はカップリング曲として「激しい雨」が収録される。06年10月発売のアルバム「夢助」にも収録されたが、アルバム制作のための見本となる同曲のデモテープが制作されたのは06年5月14日。清志郎さんの喉頭(こうとう)がんが発見される直前だった。
 集まったのはRCのメンバーだったギター仲井戸麗市(58)ドラム新井田耕造(56)。これに同バンドの付き人だった三宅伸治(48)が加わり「R&Bとローリングストーンズっぽいロックテイストの混じった」(仲井戸)という曲に仕上げた。RCメンバーによる新たな音源は、無期限活動停止前に制作した90年のアルバム「Baby a Go Go」以来だった。
 アルバムの「激しい雨」は別のアーティストによるバージョンが収録された。今回、1度はお蔵入りとなった「復活RC」の音源収録は遺族の意向だという。同曲はRC最大のヒット曲「雨あがりの夜空に」をヒントに、清志郎さんと仲井戸が再び「雨」をテーマに作詞作曲。しかも、Oh 何度でも 夢みせてやる RCサクセションがきこえる…と歌われており、ファンの間では「RC復活への合図では」と話題になっていた。
 関係者は「将来的なRCの活動再開を意識していたのでは」と話す。もうバンドが集まることはないが、願いが詰まった曲は残っていた。

http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/nikkansp-p-et-tp0-090603-0004/1.htm

 

坂本龍一、涙…忌野清志郎さん通夜

 投稿者:雷蔵Я  投稿日:2009年 5月 5日(火)03時07分21秒
返信・引用
  2009/05/04 12:48

 2日未明にがん性リンパ管症のため、都内の病院で死去した歌手、忌野清志郎(いまわの・きよしろう=本名・栗原清志=享年58)さんの通夜が3日、都内でしめやかに営まれた。密葬にもかかわらず音楽家、坂本龍一(57)や、俳優で清志郎さんと高校時代の同級生、三浦友和(57)らが参列。棺に花を手向け、日本の“キング・オブ・ロック”との別れを惜しんだ。

 最後まで、不屈のロック魂で病魔と闘い続けた清志郎さん。その反骨精神と豊かな人間性に心揺さぶられた“同志”たちが深い悲しみに暮れた。

 通夜は密葬として営まれたが、親族や業界関係者ら約120人が参列。坂本や三浦のほか、歌手、井上陽水(60)、RCサクセションでともに活躍したギタリスト、仲井戸麗市(58)も姿をみせた。

 1982年に清志郎さんとコラボし「い・け・な・いルージュマジック」を大ヒットさせた坂本。いまや世界的音楽家となった“教授”は、斎場に入るとサングラスを取り目頭に手をあてた。

 79年にRCに参加し、80年代を代表するギタリストに成長した“CHABO”こと仲井戸も、憔悴しきった表情。三浦は通夜終了後に参列し、約20分間、静まりかえった斎場で別れを惜しんだ。

 俳優の竹中直人(53)も訪れた。監督した映画「119」(94年)で清志郎さんが音楽監督を担当するなど、親交が深かった。報道陣の問いかけに、ハンカチで涙をぬぐい「無理です。すいません…」と絞り出すのが精いっぱいだった。

 清志郎さんの事務所関係者によると、祭壇はカラフルな花で飾られた。斎場に清志郎さんのヒット曲が流れ、喪主で夫人の景子さん(53)が気丈に振る舞う中、参列者は棺に花を手向けた。

 日野高時代の恩師でRCの名曲「ぼくの好きな先生」(72年)のモデルとなった小林晴雄元教諭(77)も参列した。

 同曲で劣等生のこのぼくに素敵な話をしてくれた…と歌われた小林さんは「今までよく頑張ったから、ゆっくり休んでほしい」と柔和な表情。時代をともに疾走した坂本らと、清志郎さんを陰で支えた恩師の胸に「愛しあってるかい」のフレーズがこだましているに違いない。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/250040/

 

がん闘病3年…忌野清志郎さん、壮絶死

 投稿者:雷蔵Я  投稿日:2009年 5月 5日(火)03時05分18秒
返信・引用
  2009/05/03 08:42

 「愛しあってるかい」のフレーズで一世を風靡し、日本のキング・オブ・ロックと称えられた歌手、忌野清志郎(いまわの・きよしろう=本名・栗原清志)さんが2日午前0時51分、がん性リンパ管症のため都内の病院で死去した。58歳だった。清志郎さんは2006年7月に喉頭(こうとう)がんであることをHPで公表。その後、08年2月に東京・日本武道館公演を行い復活したが、同年7月に左腸骨にがんが転移し、再入院。感動を与え続けた不屈のロック魂が天国へ旅立った。

 一度は克服したがんだった。再び、ステージに立つことを夢に見、不屈のロック魂で病魔に立ち向かった清志郎さんが、ついに、力尽きた。

 関係者によると、夫人の景子さん(53)と長男の竜平(たっぺい)さん(20)、長女の百世(ももよ)さん(17)ら家族が最期を看取ったという。

 最初にがんが見つかったのは06年7月。医師から声帯摘出手術を勧められたが、歌手生命が絶たれることから拒否、放射線治療を選んだ。玄米菜食法や漢方など民間療法も取り入れ、克服。07年12月「ジョン・レノン・スーパーライヴ」で1年半ぶりに復活を遂げた。

 「完全復活祭」と銘打った08年2月の単独公演では、竜平さん、百世さんがサプライズでステージにあがり、清志郎さんに花束を贈呈。2人が幼少のころ、スタジオに呼び寄せ一緒にレコーディングするほど子煩悩で、家族思いだった清志郎さんが、思わず落涙するシーンもあった。

 同年7月、がんが再び清志郎さんを襲う。左の腸骨に転移し、治療に専念するため、同夏に予定していた野外ライブやイベントをキャンセル。再入院の際の直筆メッセージに「このくらいのことは覚悟してたんで、ぜんぜんヘコんでないから」と気丈に綴っていた。

 高校のとき、「RCサクセション」を結成。どぎついメークと派手な衣装のステージが注目を集め、ヒット曲を連発。ソロに転向後は、俳優にも挑戦した。

 昨年11月20日の東京・青山のブルーノート東京。92年にバンドを組んだ縁で、米ソウル歌手、ブッカーT&THE MG’sの来日公演に姿を見せた。メンバーに請われ、「え~聞いてないよ」と言いながらも、「イン・ザ・ミッドナイト・アワー」「ソウルメン」の2曲を披露。最後の熱唱だった。

 「ベイベー」「愛してます」「愛しあってるかい」。清志郎さんがステージからかすれた声で叫ぶ、あのキメぜりふはもう2度と聞けない。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/music/249738/

 

忌野清志郎さん死す…突然の他界に衝撃広がる

 投稿者:雷蔵Я  投稿日:2009年 5月 3日(日)12時38分10秒
返信・引用
  5月3日7時8分配信 スポーツニッポン

 ロック歌手の忌野清志郎(いまわの・きよしろう、本名・栗原清志=くりはら・きよし)さんが2日午前0時51分、がん性リンパ管症のため都内の病院で死去した。58歳だった。06年7月に喉頭(こうとう)がんを公表。闘病生活に入ってから一時復帰したが、08年7月に腰に転移したことが分かり、再び活動を休止していた。最近は世界マラソンに挑戦中の間寛平(59)に応援歌を提供するなどしており、突然の他界に関係者は大きなショックを受けている。

 清志郎さんの容体が急変したのは1日。すぐに都内の病院に入院したが、そのまま帰らぬ人となった。都内の自宅では深夜まで関係者らが出入りし家族は遺体のそばで悲しみにくれていた。

 08年7月に2度目の活動休止に入って以降も体調は良く、レコーディング作業中の食事もとんかつ定食をたいらげるなど元気だった。それだけにショックは大きく、関係者は「あまりに突然で…。きょうは言葉にならない」と涙を流すばかりだった。

 06年7月に医師に喉頭がんを宣告されてから3年近くの闘病生活。苦しかったはずだが「これも人生経験。この新しいブルースを楽しむような気持ちで治療に専念したい」と言い、前向きにがんと闘ってきた。

 初期の喉頭がんだったこともあり、声帯を痛める可能性がある切開手術をせずに、放射線治療を含めた治療法を選択。歌い続けることにこだわって、病魔と闘ってきた。がんが腰に転移したときも「妙に前向きになるのはなぜだろう。心配はしないでくれ。このくらいのことは覚悟してた」と周囲に話していた。

 08年2月に東京・日本武道館で行ったライブ「忌野清志郎 完全復活祭」では、最後に2人の子供(当時19、16歳)がステージに上がり、目を潤ませた。ファンへは「応援してくれたすべての人に感謝です。勇気を与えてくれてありがとう!」と何度も感謝した。最後のライブは腰へのがん転移が分かる直前の同年7月6日に東京・高田馬場で行ったファンクラブライブだった。

 どぎついメークととっぴなトーク。大胆かつ繊細な作風で若者の心をとらえた。それらは時にはひわいな言葉でもあり、当初から放送禁止を覚悟していた。

 常に弱者へのいたわりも忘れなかった。上司に給料を上げてもらえず「やる気がしねえ…」と仕事をサボる様子を歌った「ボスしけてるぜ」などがその代表。社会の辛酸をなめる人へのサポートソングだった。反原発などメッセージを込めた曲もあった。「放射能はいらねえ 牛乳を飲みてえ」と叫ぶように歌い、対立したレコード会社を「東の芝の~」とおちょくったりもした。

 晩年は東京から鹿児島まで自転車で走破するなど、いつも世間に刺激を与えてきた。ラストになってしまった昨年11月のステージでも「愛し合ってるか~い」と何度も絶叫。客席に向かって最後に発した言葉は、決めぜりふの「ご機嫌だぜぇ~」だった。

 忌野 清志郎(いまわの・きよしろう) 1951年(昭26)4月2日生まれ、東京都出身。都立日野高校在学中の66年に同級生の小林和生らとバンドを結成し、70年、RCサクセションとして「宝くじは買わない」でデビュー。82年、坂本龍一と組んだ資生堂のキャンペーンソング「い・け・な・いルージュマジック」がヒット。91年にグループとしての活動休止。俳優としても活動し、ドラマ「ボクの就職」(94年、TBS)、「野ブタ。をプロデュース」(05年、日本テレビ)や映画「妖怪大戦争」(05年)などに出演。
 

闘病中のロック歌手、忌野清志郎さん死去

 投稿者:雷蔵Я  投稿日:2009年 5月 3日(日)00時48分29秒
返信・引用
  2009.5.2 23:09

 がんと闘病しながら、音楽活動を続けていたロック歌手、忌野清志郎(いまわの・きよしろう、本名・栗原清志=くりはら・きよし)さんが2日、がん性リンパ管症のため死去した。58歳。密葬を近親者のみで行い、葬儀と一般の弔問を受け付ける告別式は9日正午から東京都港区南青山2の33の20、青山葬儀所で。喪主は妻、栗原景子(くりはら・けいこ)さん。

 昭和26年、東京都生まれ。45年4月、RCサクセションのボーカル担当としてシングル「宝くじは買わない」でデビュー。「ぼくの好きな先生」「トランジスタ・ラジオ」などをヒットさせた。

 “日本語ロック”というジャンルを確立するともに、毛先を立てた奇抜なヘアスタイルや派手なメークが人気を呼んだ。一方で、過激なパフォーマンスや言動が話題を呼び63年、アルバム「COVERS」の原発問題を扱う歌詞が物議をかもし発売中止になった。

 自転車愛好家としても知られた。

 平成3年、RCサクセションの無期限活動停止に伴い、ソロ活動のほか絵本作家としても活動していたが、18年7月に喉頭(こうとう)がんであることを発表。

 治療を経て19年12月8日、日本武道館での「ジョン・レノン スーパーライブ」で活動を再開したが、20年7月にはがんが左腸骨に転移したことが判明し、予定されていた公演が中止となった。

 忌野さんは自身のホームページに「治療に専念します。楽しみにしてくれたみんなにはゴメン。でも、すぐに帰ってくるから応援してくれ!(中略)夢を忘れずに」などとつづっていた。

http://sankei.jp.msn.com/obituary/090502/obt0905022310005-n1.htm

 

<訃報>忌野清志郎さん58歳=ロック歌手 がん治療続け

 投稿者:雷蔵Я  投稿日:2009年 5月 2日(土)23時26分38秒
返信・引用
  5月2日22時54分配信 毎日新聞

 「ベイベー!」や「愛し合ってるかーい!」などの決めぜりふ、奇抜な衣装と演出で知られるロック歌手、忌野清志郎(いまわの・きよしろう、本名・栗原清志=くりはら・きよし)さんが2日、がん性リンパ管症のため死去した。58歳だった。葬儀は9日午後1時、東京都港区南青山の青山葬儀所。喪主は妻の栗原景子(くりはら・けいこ)さん。

 東京生まれ。68年に中学校の同級生らと、忌野さんをリーダーとするバンド「RCサクセション」を結成、70年に「宝くじは買わない」でデビューした。72年には「ぼくの好きな先生」が、82年には坂本龍一さんと組んでリリースしたシングル「い・け・な・いルージュマジック」が大ヒットし、日本の「ロックの神様」としてコンサートのほか、CMや映画などで活躍した。

 一方、「音楽は時代の刺激剤であるべきだ」との信念を持ち、政治的なメッセージを込めた歌も歌った。そのため、反原発を扱ったアルバム「COVERS」やパンクロック風にアレンジした「君が代」が入ったアルバム「冬の十字架」が一時、発売中止になったり、コンサートで突然「あこがれの北朝鮮」「君が代」を歌って、FM中継が中断したこともあった。

 06年7月に喉頭(こうとう)がんと診断され入院。治療を続けた後、08年2月に日本武道館で本格復帰した。しかし、同7月、左腸骨にがんが転移していたことが判明、再び活動を中止し放射線治療などを続けていた。
 

ジミ・ヘンの自宅収録テープ、ネットオークションに

 投稿者:雷蔵Я  投稿日:2009年 4月 1日(水)11時44分17秒
返信・引用
  3月31日17時34分配信 ロイター

 [ロンドン 30日 ロイター] ギタリストの故ジミ・ヘンドリックスが自宅でレコーディングしたテープが、4月28日にオークションに出品されることが分かった。落札価格は5万―10万ポンド(約700万―1400万円)になるとみられている。
 テープの所有者の1人、マーク・サザランド氏によると、テープは1968年にニューヨークで収録され、英国に持ち込まれたもの。同氏は「このテープをロンドンにまで持ってきたのだから、大切なものだったのだろう」との考えを示した。
 ヘンドリックスは、ロンドンの自宅の階下にある写真スタジオで働いていた人物に、自宅収録したテープ2本をプレゼントし、サザランド氏の友人が数年前にその人物から「わずかな料金」でそのうちの1本を譲り受けたのだという。もう1本の行方は分かっていない。
 サザランド氏と、競売会社「Fame Bureau」のテッド・オーウェン氏は、テープは本物だと自信を示している。音楽プロデューサーでもあるサザランド氏は「ヘンドリックスの演奏は独特だが、模倣する人も多い。しかし歌っている部分を聴いてすぐに本物だと分かった」と話した。
 テープには14曲が収録され、その中の1曲はボブ・ディランの「怒りの涙」をカバーしたものだという。
 ヘンドリックスの遺品には近年注目が集まっており、昨年9月に競売にかけられたヘンドリックスがコンサートで火を付けたギターには28万ポンドの値が付いた。

最終更新:3月31日17時34分
 

道頓堀川からカーネルサンダース人形見つかる

 投稿者:雷蔵Я  投稿日:2009年 3月11日(水)00時09分51秒
返信・引用
  2009/03/10 19:13 産経新聞

 昭和60年に阪神タイガースがリーグ優勝を達成したさい、ファンに大阪市中央区道頓堀の道頓堀川に投げ込まれ、行方がわかならなくなっていたケンタッキーフライドチキン道頓堀店(閉店)の「カーネルサンダース人形」とみられる人形が10日、同川左岸の新戎橋下流付近で見つかった。周辺の水辺整備事業を行っていた大阪市の工事関係者が発見したもので、この日は上半身部分だけが引き揚げられ、11日に下半身も探すという。

 市によると、10日午後4時ごろ、磁気探査作業中に障害物を見つけ、ダイバーが引き揚げたところ、カーネルサンダース人形の上半身だったことが判明。見つかったのは、投げ込まれた現場から約300メートル下流だったという。下半身部分はまだ見つかっておらず、11日に再び磁気探査を行う。市は大阪府警南署にも人形発見について通報した。

 見つかったとみられるカーネルサンダース人形は、昭和60年に阪神の21年ぶりのリーグ優勝が決まった際、人形を当時の助っ人外国人選手、ランディ・バース選手に見立てたファンが、胴上げをした末に同川に投げ込んだとされる。その後、阪神が18年間優勝から遠ざかったため、「カーネルサンダースののろい」と言われることもあり、番組で人形を捜索したテレビ局もあった。
 

M・ジャクソン、7月にロンドンで復活コンサート

 投稿者:雷蔵Я  投稿日:2009年 3月 6日(金)13時09分7秒
返信・引用
   [ロンドン 5日 ロイター] 米歌手マイケル・ジャクソン(50)が5日、ファン待望の復活コンサートをこの夏にロンドンで行うと発表した。

 ロンドンでは「最後」になるという同コンサートは、7月8日を皮切りに10回の公演予定。収容人数2万人の02アリーナで開かれる。

 黒いジャケットとサングラス姿で登場したマイケルは「これがロンドンでは最後の公演になる。僕が最後と言ったら、本当に最後だ。ファンが聴きたい曲を歌う」と話した。

 心配される健康状態について、音楽プロモーション会社AEGライブのランディ・フィリップス最高経営責任者(CEO)は、4時間半に及ぶ健康診断で問題はなかったとしている。


2009年 03月 6日 12:11 JST
 

"不良の格闘技大会"「THE OUTSIDER」が両国進出!

 投稿者:雷蔵Я  投稿日:2009年 2月27日(金)00時41分57秒
返信・引用
  2009年02月26日14時03分 / 提供:日刊サイゾー

 次は両国だ──。

 25日、"不良の格闘技大会"「THE OUTSIDER」を主催する前田日明氏と映画『クローズZERO II』(4月11日公開)の共同プロデューサー・佐谷秀美氏が都内で会見を行い、3月15日に行われる「クローズZERO II 公開記念 THE OUTSIDER SPECIAL」の概要を発表した。

 今回で5回目となる「THE OUTSIDER」は、格闘王・前田日明が立ち上げたアマチュア格闘技大会。「全国の不良(ワル)、集まれ」のキャッチコピー通り、暴走族やチーマー、ギャングなどの"不良"が選手として参加し、ディファ有明で行われた過去4回の大会はいずれも超満員の観客を集めた。映画『クローズZERO II』とのコラボレーションを果たす次回大会は、満を持しての両国国技館進出となる。

 今大会の会場が両国国技館に決まった経緯について前田氏は「大きな会場に移そうということで、格闘技の聖地・後楽園ホールに開催を打診したが、"不良の大会"ということで『少し様子を見たい』と言われてしまった。これにならって、全国の大きな会場がみんなNGになってしまったんです。ところが、映画『クローズZERO II』とのコラボという形ができたことで、(国技館を管轄する)日本相撲協会が意気に感じてくれて、両国を借りられることになった。(決まったときは)涙が出るほど嬉しかった」と語った。

 また、『クローズZERO II』共同プロデューサーの佐谷氏も「(同作監督の)三池が『THE OUTSIDER』の熱心なファンで、今回の映画でもアクションや格闘シーンでは前田さんの指導をいただいたり、選手に出演していただいたりしている。大会当日には、その日しか見られない特別メイキングフィルムを公開する予定です」と全面タッグを強調。当日は三池監督や出演者のやべきょうすけが会場を訪れるほか、小栗旬、山田孝之らのスペシャルメッセージを公開予定。さらには、サプライズゲストの登場も示唆した。

 さらには、今まで封印されてきた「THE OUTSIDER」第1戦~第4戦のDVDが4巻同時発売されることも発表された。価格は各3,990円となっており、3月15日両国大会の会場で"超"先行販売が開始されるという。

「罪や過ちを犯して一度失敗した若者たちに、格闘技の世界くらいチャンスを与えてもいいんじゃないか。目立ちたがり屋の彼らを呼ぶためのギミックとして(我々は)プロのイベントを仕掛けている。大会に出続けることで、努力を継続するということを体験してほしい」と語る前田氏。両国大会の後にも5月と8月に「THE OUTSIDER」の開催が決まっている。
 

ナンセンストリオの前田隣さんが死去

 投稿者:雷蔵Я  投稿日:2009年 2月26日(木)02時07分13秒
返信・引用
   「親亀の背中に子亀を乗せて~」などのギャグで人気だった元ナンセンストリオの前田隣(まえだ・りん)さん(本名・中沢永一郎=なかざわ・えいいちろう)が19日午後2時35分、肝硬変のため都内の病院で亡くなった。72歳だった。

 前田さんは8年前に肝臓がんを告知され、抗がん剤治療を受けながら舞台に立ち、2年前に肺にも転移した。「医者から『あと1年』と言われたけど、自分には舞台の興奮と、お客さんの笑い声が一番」と現役を続けたが、昨年3月に脳梗塞(こうそく)で倒れて入院した。昨年9月に一時退院したものの、1カ月ほどで再入院した。脳梗塞で体や言葉も不自由となったが、懸命にリハビリにも努め、弟子たちが企画した「留守番ライブ」に出演することを熱望していた。

 しかし、今月10日すぎには容体が悪化。この日、妻の紀子さん(44)や立川左談次、弟子たちにみとられて静かに息を引き取った。遺体は都内の自宅に戻り、この日夜には、みとった弟子たちらが前田さんの思い出を語り合った。紀子さんは「ほとんど会話ができなくて、何が最後の言葉なのかはわからないけど、『大好きな舞台を継承していってほしい』と言っていました」と語った。

 前田さんはコロムビアトップ・ライトの門下となって漫才で活躍した後、64年にナンセンストリオの一員となった。「親亀-」や「赤上げて!白下げて」の手旗ネタなどのギャグで人気者になった。解散後はピンで漫談などで活動し、昨年2月下席の浅草東洋館公演が最後の舞台となった。

 葬儀は近親者のみで行い、後日「しのぶ会」を開くという。

 [2009年2月20日8時8分 日刊スポーツ紙面から]
 

元ナンセンストリオの前田隣さん死去

 投稿者:雷蔵Я  投稿日:2009年 2月26日(木)02時05分39秒
返信・引用
  2009年2月20日0時2分

 前田 隣さん(まえだ・りん=コメディアン、本名中澤永一郎〈なかざわ・えいいちろう〉)が19日、肝硬変で死去、72歳。通夜、葬儀は関係者で行い、後日お別れの会を開く。

 「親亀の背中に子亀を乗せて~」「赤上げて! 白下げて!」などのギャグで知られたナンセンストリオのメンバーとして60年代から活動した。解散後も毒舌漫談で人気を博し、99年に肝臓がんを告知されてからも公演を続けた。
 

プロレス中継を終了=55年の歴史に幕-日本テレビ

 投稿者:雷蔵Я  投稿日:2009年 2月24日(火)07時30分30秒
返信・引用
  2月23日18時28分配信 時事通信

 日本テレビの久保伸太郎社長は23日の定例記者会見で、開局直後から55年間にわたって続けてきた全国ネットのプロレス中継を今春で打ち切ることを明らかにした。CSの有料放送「日テレG+(ジータス)」では引き続き放送する。
 同局のプロレス中継は、開局翌年の1954年2月からスタート。街頭テレビの時代から国民的人気を集め、63年5月のデストロイヤー対力道山戦では視聴率64.0%(ビデオリサーチ調べ)を記録するなど、テレビの普及に大きな役割を果たした。
 しかし、近年は格闘技の種類も増えて人気が低迷、視聴率は深夜枠ということもあって1~2%台が続いていた。久保社長は「時代の変遷とともに(視聴率の)極端な落ち込みもあり、コアなファンに見ていただける有料課金放送に移すことになった」と述べた。
 地上波でプロレスを放送するのはテレビ朝日系だけとなるが、同局では「今のところ、打ち切りなどの予定はない」としている。
 

樹木希林、死意識して対面を決意 夫婦の戦いにピリオド

 投稿者:雷蔵Я  投稿日:2009年 2月20日(金)19時14分28秒
返信・引用
  2月20日11時4分配信 産経新聞

 乳がんの手術を平成17年に受けた女優の樹木希林さん(66)。「納得のいく死」を意識したとき、脳裏に浮かんだのは、ロック歌手の内田裕也さんのこと。長年、別居していた夫と向き合おう。そう決意して対面したと語る樹木さんの目には、力強いエネルギーが宿っていました。(竹中文)

 乳がんの手術をする直前に内田裕也さんと向き合おうと思ったんです。

 裕也さんは昭和56年に、私に無断で区役所に離婚届を出しました。私が離婚無効の訴訟を起こし、裁判で争い、裁判官にまで「あんなに嫌がっているんだから、別れてあげなさいよ」なんて言われたことがあったんです(笑)。裁判で離婚は無効になり、籍は戻ったけど、裕也さんと連絡を取るのは1年に1回だけ。このまま裕也さんを恨んで死ぬのは悪いなと思って、ほったらかしにしていたことを謝ろうと思ったの。

 でも、男の人って、いろんな質(たち)があるけれど、別居している奥さんと面と向かって、しっかり話をするというのは苦手なんじゃないかな。まして夫なんて、カーッとして一生送っているという感じだから、2人だけでは話はできないと思ったの。

               ■ □ ■

 だから、知人に「謝りたいから、仲介して」とお願いして、食事の席を設けてもらったんです。でも、夫は1時間ぐらい、次から次へと違う話をして核心には触れさせてくれなかった。

 そのうち時間がなくなってきて、仲介者が時計を見始めたから「ちょっと私にしゃべらせて!」「謝らせてくれ!」と怒鳴ったわけ。首根っこをつかまえて謝るっていう感じだったわね。仲介者には「けんかごしで謝っている現場を初めて見た」と言われました(笑)。

 そのとき、裕也さんは何も言わなくて、そのまま、さようならって別れたんだけど、その後、別の知人が、飲食店で、ものすごく機嫌のいい裕也さんと会ったらしい。夫は何かを承知したんでしょうね。

 それから月に1度、裕也さんと会うようになって。長い夫婦の戦いは終わりました。元気なうちは分かりあえなかったけれど、お互いに病気して、体力がなくなっちゃったから通じあうようになったんだろうね。私は15年に網膜剥離(はくり)になって、裕也さんも同じころに目の病気を経験して。それから私が乳がんになって、お互いに“老老介護”が必要になったのね。

               ■ □ ■

 昨年の夏には「祇園祭に行ってみようか」「いいね」という話になって、一緒に宿泊したんです。目が悪いと危ないから、いつも腕を握っていました。偶然、そうなっちゃったのよ。熟年離婚なんて言葉も浸透してきちゃったけど、老いてから別れるのはもったいないわよ。

 乳がんの手術後、毎年1月には、裕也さんと一緒にハワイで過ごすようにもなりました。真珠湾では必ず手を合わせる。そこにも一緒に手をつないでいく。毎年、これが最後だなあって思いながらいくわけよ。そんなに先が長いとは思えない。その覚悟はあるから。

 私の出演した映画「歩いても 歩いても」について、裕也さんが感想を言ってくれたこともありました。「一般料金で映画館で見たぞ」だってさ。シニアの料金で見ればいいのにさ。そんなところで頑張るんだよね(笑)。「映画に登場するような会話がない夫婦にはなりたくねえな」と言っていたけど、でも、長年連れ添ったら顔を見なくても意思疎通ができるのは自然よね。うちは一緒に住んでいなくて、会うときは話があるから、いつも目を見てしゃべっているだけ。

 嫌な話になったとしても、顔だけは笑うようにしているのよ。井戸のポンプでも、動かしていれば、そのうち水が出てくるでしょう。同じように、面白くなくても、にっこり笑っていると、だんだんうれしい感情がわいてくる。だいたい私は仏頂面なので、「なあに」なんて言っただけでも、裕也さんに「怒ってんのか」と言われちゃう(笑)。そうならないようにね。

 死に向けて行う作業は、おわびですね。謝るのはお金がかからないから、ケチな私にピッタリなのよ。謝っちゃったら、すっきりするしね。がんはありがたい病気よ。周囲の相手が自分と真剣に向き合ってくれますから。ひょっとしたら、この人は来年はいないかもしれないと思ったら、その人との時間は大事でしょう。そういう意味で、がんは面白いんですよね。
 

ラウドネス樋口宗孝さん死去

 投稿者:雷蔵Я  投稿日:2008年12月 1日(月)15時29分57秒
返信・引用
  復活意欲も…ラウドネス樋口宗孝さん死去

 ロックバンド「LOUDNESS(ラウドネス)」のリーダーでドラムスの樋口宗孝さん(49)が30日、死去した。

 ギタリストの高崎晃は、自身のHPで「今朝LOUDNESSのドラマーの樋口宗孝が肝ガンの為、永眠しました。たくさんの応援とお見舞い、ありがとうございました」とファンに報告した。

 樋口さんは今年4月、3月に受診した人間ドックで異常が見つかり、4月7日に精密検査を受けたところ肝細胞がんであると診断されたことを公表。バンド活動を休止して、抗がん治療を続けていた。

 10月には、公式ホームページでファンに向けて「生死をかけての大手術により、肝臓も半分以上摘出し、現在もなお、治療を行っております。まだ危険な状態を脱したわけではなく、今後の見通しも予断を許さない」と近況を報告。「精神力と体力で、引き続き、この大病と闘っていく」と再起に強い意欲をにじませていたが、かなわなかった。

 ◆樋口 宗孝(ひぐち・むねたか)1958年(昭33)12月24日、奈良市生まれ。高校卒業後、アイドルバンド「レイジー」を結成、デイビーの愛称で人気に。78年発売の「赤頭巾ちゃんご用心」が大ヒット。解散後の81年にラウドネス結成。85年には「サンダー・イン・ジ・イースト」で世界デビュー。浜田麻里らのプロデューサーとしても活躍。

[ 2008年12月01日 02:51 ]
 

「キリストより人気」

 投稿者:雷蔵Я  投稿日:2008年11月25日(火)20時48分34秒
返信・引用
  バチカンがレノン、42年ぶりに“許す” 「キリストより人気」発言で

 英日曜紙サンデー・タイムズや英BBC放送は24日までに、「いまやイエス(キリスト)より僕らの方が人気がある」と発言して物議を醸したビートルズのジョン・レノンさん(1980年死去)を、ローマ法王庁(バチカン)が約42年ぶりに“許した”と報じた。バチカンの日刊紙オッセルバトーレ・ロマーノの記事を元にしている。

 ロマーノ紙はレノンさんの発言に、「長い年月を経たいまでは、英国の労働者階級の若者が予想外の成功になんとか対応しようと、得意がっていただけのように聞こえる」と論評。ビートルズには、「才能あふれるレノンさんらは現代のポップミュージックの新境地を開いた」と称賛した。

 レノンさんは1966年に英紙に発言。米国でキリスト教保守派らが強く反発し、ラジオ局が曲の放送を中止し、コンサートが取りやめになる騒ぎに。レノンさんは反宗教的な意図はなかったと謝罪したという。(共同)
 

レンタル掲示板
/13