teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


>>ひろあきさん

 投稿者:管理人  投稿日:2016年11月 4日(金)00時00分26秒
  管理人のギムレットです。
こちらこそレスありがとうございます。

>>自分はティガ、ダイナ、ガイアの平成ウルトラを小学生のころリアルタイムで見ていた世代です

こうして見ると、ウルトラって既に日本文化の一つですよね。ライダーや戦隊なんかもそうですが、個人的にはやっぱりウルトラが一番です。今の50代、下手すりゃ60代の人も見てましたから。
私もティガは再放送等で見ましたし、ダイナ、ガイアも時々見てました。ただ、その頃はウルトラから離れてましたので、本格的に見始めたのはネクサスからですね。まあ、ネクサスはちょっと暗すぎて見てて疲れましたけど。むしろ原点回帰のマックスが面白すぎて、特に「第3番惑星の奇跡」はウルトラシリーズ屈指の名作だと思います。メビウスは昭和ウルトラを舞台に戻してくれたという意味でよかったですし、ウルトラマン80の後日談は素直に感動しました。

脱線してしまいましたが(笑)、帰ってきたウルトラマンの後半は賛否分かれますね。私はウルトラセブン参上以後が好きなのですが、再放送世代なのでむしろ初代やセブンより先に新マンを見てるので、感覚が違うのも当然でしょう。

>まあわたしだって正直メビウスまででそのあとのウルトラはもはや興味すらありません

私は興味はあるが、ついていくのがしんどいって感じです。でも今やってるウルトラマンオーブを見て、やっぱりウルトラはいいなと思ってますけど。

>>レオのレビューが完璧にあるのがすごいですね、わたしはレオかなり好きなほうなので最初見つけたときは感動しましたよ

意外とウルトラのレビュー、特に2期以降のレビューってないんですよね。その中でもレオはかなり忘れられた存在だったので、参考になる書籍、サイト等も乏しく苦労しました。その分好きに書けたという面もありましたが。

>>ちなみにわたしも平成世代でありながらジャックのことは新マンと呼んでます

お父様の影響でしょうか?新マンという呼称はタロウやレオの本編で登場はしてますが、むしろ小学館とかの雑誌媒体中心に使用され定着しました。今はジャックで統一されているので、普通はジャックになると思うのですが。私はジャックに抵抗があるというより、慣れ親しんだのが新マンなのでそれを使ってるだけです。ただ、ジャックは如何にも適当につけたって感じがするので、最初聞いたときは嫌でしたね。もっとかっこいいのにしてくれよって思いました(笑)。
 
 

レスありがとうございます

 投稿者:ひろあき  投稿日:2016年10月16日(日)23時18分57秒
  どうも、お忙しい中お返事ありがとうございますー。昭和ウルトラはビデオやDVDでみました!
最初は父親もウルトラ好きなんですが、初代マンとセブンをレンタルビデオで見せてもらいました!

自分はティガ、ダイナ、ガイアの平成ウルトラを小学生のころリアルタイムで見ていた世代です。

父親はウルトラQ、マン、セブンをリアルタイムで見てたらしいんですけど、帰ってきたウルトラマンの途中からは見なくなったらしいです。
そういうもんなんでしょうね
ウルトラセブン参上、加藤隊長だった頃まではよかったらしいです

初期ウルトラファンからすると、セブンがウルトラ兄弟の三男とか意味わからん!らしいです

まあわたしだって正直メビウスまででそのあとのウルトラはもはや興味すらありません
コスモスからそもそも微妙だったんですけど

ギムレットさんは初代マンからレオまでが特にお好きなようですが、レオのレビューが完璧にあるのがすごいですね、わたしはレオかなり好きなほうなので最初見つけたときは感動しましたよ!

ちなみにわたしも平成世代でありながらジャックのことは新マンと呼んでます。
やっぱり帰ってきたウルトラマンという作品そのものがわたしは好きなのでその呼び方のほうがしっくりきます!

 

>>はじめまして

 投稿者:管理人  投稿日:2016年10月16日(日)21時44分7秒
  ひろあきさん
はじめまして、管理人のギムレットです。
返事が遅くなり申し訳ありません。

>わたしも初代ウルトラマンからレオが大好きです。
>なので管理人のレビューは面白いです!

ありがとうございます。私よりかなり若くいらっしゃるようですが、昭和ウルトラを気に入っていただいて嬉しいです。私は普通に子供の頃テレビで毎日のように見てたので刷り込まれてますが、ひろあきさんはビデオか何かでご覧になったのでしょうか?

>第一期ウルトラシリーズの世代の人は第二期ウルトラシリーズ以降はイマイチなじめないよう>ですね

こういう気持ちはリアルタイムで見てないと実感できませんね。同じウルトラなのにと思うのですが。
ただ、他の作品、例えばジョジョなんか見てると、わからなくもないです。個人的にはジョジョは2部までなので(すいません笑)。
まあ、こういうのは個人の好みなので、何が正しいというのはないと思いますよ。

ではでは。
 

(無題)

 投稿者:ひろあき  投稿日:2016年 9月12日(月)17時51分52秒
  はじめまして、わたしも初代ウルトラマンからレオが大好きです。
なので管理人のレビューは面白いです!

管理人さんは書かれてませんが80からガイアぐらいまでのシリーズも好きです。
ネクサスもまあよかったですけど

第一期ウルトラシリーズの世代の人は第二期ウルトラシリーズ以降はイマイチなじめないようですね

かくいう私もコスモス以降のウルトラは正直微妙に思ったりしますが、子供の頃見たウルトラが好きてかんじです。昭和ウルトラのときは私は生まれてませんが

 

>>たくろうさん

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 8月21日(日)19時42分50秒
  >>ムカデンダーの話とかも父親が怪獣退治に奮闘する話でしたけど、
>>モットクレロンの回の父ちゃんの方が格好良いのが好きな理由かも(なんだそりゃ)。

息子の不始末は一緒に責任取るという姿勢はかっこいいですねえ。
怪獣が出て大ピンチなのに、父親が一緒に戦ってくれると聞いて喜ぶ武志も子供らしくてかわいかったです。

>>あとはやっぱり大根片手に変身する光太郎(笑)。

触れようかと思いましたが、タロウ世界においては特段変わったことではないと思ったので、スルーしました(笑)。
タロウ世界ではむしろ「バサラ編」みたいなシリアスな話の方が異色なので、大根くらいでは話題にはなりにくいでしょうね。
 

でました!モットクレロン!(笑)

 投稿者:たくろう  投稿日:2016年 8月20日(土)20時54分33秒
  モットクレロンの回の解釈、来ましたねー。
勝手に私がタロウ最高傑作だと思っている(笑)モットクレロンの回ですが、
傑作かどうかは別として、要は、この回の父子の物語が好きなんですよね。
ムカデンダーの話とかも父親が怪獣退治に奮闘する話でしたけど、
モットクレロンの回の父ちゃんの方が格好良いのが好きな理由かも(なんだそりゃ)。
あとはやっぱり大根片手に変身する光太郎(笑)。
正直、これだけ取り上げてももっと有名になっていいぐらいなんですが、
なぜか「空の贈り物」でのハヤタのスプーンほど認知が得られていないのが悲しいです(笑)。
 

>>『ウルトラセブン』の第8話について

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 4月17日(日)00時48分13秒
  地下鉄星人さん

ご指摘ありがとうございました。
完全に間違いですね。
修正しておきます。
因みに、「激突」の元ネタみたいなものはあるんでしょうか?
ご存知の方はお知らせください。
「恐怖の報酬」はちょっと違いますね。
 

『ウルトラセブン』の第8話について

 投稿者:地下鉄星人  投稿日:2016年 4月14日(木)01時17分15秒
  スピルバーグの『激突』は1971年公開(日本での公開は1973年)
『ウルトラセブン』第8話「狙われた街」は1967年11月19日放送
オマージュは時期的に不可能だと思います
細かい部分が気になってしまってすいません
 

>>セブン12話

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 2月14日(日)21時51分0秒
  >>『夕焼けロンちゃん』という番組が放送されていて、その中でウルトラファイトを放送する時間がありました。

夕焼けロンちゃんを調べてみましたが、やはり関東ローカルのようですね。
私の住む関西では放送していないようでした。
ウルトラファイトはもっと古い番組ですので、ロンちゃん内での再放送という形みたいですね。
スペル星人は時期的に既に欠番になってたと思うのですが、ウルトラファイトということでチェック漏れしたのでしょうか。

>>感想は「まだ観たことがないウルトラセブンの1エピソード」として普通に楽しめましたね。

ストーリーとしては普通ですしね。
プロットもワイルド星人と似たようなものですし、特に過激なものではありませんし。

>>今の技術なら、スペル星人の姿だけをCGで脚本にあったようなカブトムシ型に変えて放送も出来るのでは?などと思ったりもしますが、なかなか問題は根深いものがあるのかも知れませんね。

その前にコスト的に割が合わないと思います。
まあ技術的にも不自然にならないようにするのは難しいと思いますが。

>>先日のウルトラマン列伝でザラブ星人の回が放映された時も『放射能』という言葉がカットされていたりと

津波や飛行機事故も同じですね。
あまり現実世界に気を使いすぎるのも如何とは思いますが、やはり基本は子供向け作品なので、問題のある描写を避けるのも仕方ないことでしょう。
ただ、欠番として永久に封じることがいいことなのか。
ウルトラに限らず、欠番や封印作品は他にもいろいろあるので、調べてみても面白いかもしれません。
個人的には「ノストラダムスの大予言」を見てみたいですが、こっちも難しそうですね(笑)。
 

セブン12話

 投稿者:irys  投稿日:2016年 2月 4日(木)01時22分10秒
  いよいよ12話の感想(というか解説)がアップされましたね。

ご存知かもしれませんが、私が子供の頃(丁度「ウルトラマン80」が放映されていたころ、毎夕方『夕焼けロンちゃん』という番組が放送されていて、その中でウルトラファイトを放送する時間がありました。
その中でスペル星人が登場する『遊星の悪魔スペル星人』も(何故か)普通に放送されていました。

その頃は12話は既に欠番扱いになっていたはずですが、まだ小学生だった自分はあまり深く考えずに普通に観ていたのを記憶しています。
と言っても夕焼けの中に巨大化したスペル星人が立っていて、その頭上をホーク1号が飛んでいるシーンしか覚えていませんが、長じて管理人さんがおっしゃる通りネットが普及してからは、某動画サイトでフルで観ることが出来ました。

感想は「まだ観たことがないウルトラセブンの1エピソード」として普通に楽しめましたね。
あまり詳しく書くと、違法アップロードや海賊版の流通を促すようになってしまうかも知れないので止めておきますが、セブンの1エピソードとして色々欠番にするには勿体ない部分も多いンですけどね(+_+)

今の技術なら、スペル星人の姿だけをCGで脚本にあったようなカブトムシ型に変えて放送も出来るのでは?などと思ったりもしますが、なかなか問題は根深いものがあるのかも知れませんね。

先日のウルトラマン列伝でザラブ星人の回が放映された時も『放射能』という言葉がカットされていたりと、非常にデリケートな問題であるのは確かですね。
でもファンとしては、やはり普通に観れるようになる日が来るのを心待ちにしています!
 

レンタル掲示板
/71