teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ヘルツとメドゥーサ星人

 投稿者:たくろう  投稿日:2015年 9月10日(木)08時35分46秒
  管理人様 タロウ37話更新お疲れ様です。
この回は管理人さんがおっしゃる通り、森山隊員とレオ百子さんの共闘(?)が見どころなんですが、
石堂脚本にしては(失礼)、どうしてなかなか考えさせる内容です。
以前(もう10年位前でしょうか)、ウルトラマンタロウの全話をレビューしている個人サイトがありまして、
素晴らしいサイトで某掲示板等でも評判が良かったんですが、
そこでも、メドゥーサ星人のルールもしくはモラルを守る姿勢は取り上げられていたと記憶しています。

メドゥーサ星人はタロウとの戦闘時にペラペラと悪の組織よろしく目的を説明していますが、
実はこの時の台詞がなければ、メドゥーサ星人が悪者側なのかどうかは
劇中の動向だけでは判断できないんですよね。
ヘルツは自分からは何も言いませんし、
当然ですがメドゥーサ星人以外の第三者によるヘルツに関する解説もありません。
(そう考えるとモロボシダンの解説者としての重宝性が分かりますが(笑))

果たしてヘルツは本当に被害者だったのでしょうか。
実は、ヘルツの方が悪であり、メドゥーサ星人は単に逃亡してきた犯罪者のヘルツを
追いかけてきた警察のような立場だったのではないか?
そういった展開にもできなくは無かった話だと思います。
その証左として、憑依したとしても他の星の民間人は殺さないメドゥーサ星人。

残念ながら(?)メドゥーサ星人は自ら悪者だとカミングアウトしてしまいますので(笑)、
視聴者はやっぱり悪だったのかと納得するしかないんですが、
肝心のヘルツの正体が最後までわからないので、
むしろメドゥーサ星人に肩入れしてしまいます(笑)。

なんだか(笑)ばかりの感想になってしまいました。失礼しました。
 
 

>>更新話数

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 9月 8日(火)20時37分27秒
  ウルトラファンレオさんありがとうございます。
間違って古いファイルをアップロードしてました。
 

(無題)

 投稿者:ウルトラファンレオ  投稿日:2015年 9月 7日(月)10時14分59秒
  更新情報の『セブン』と『タロウ』の更新話数が違いますよ。  

>>☆センコーさん

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 9月 7日(月)00時07分33秒
  始めまして、管理人のギムレットです。

>>ここのサイトを見させていただいて帰ってきたウルトラマンに興味をもちDVDを揃えて見てみました

30代だと40代前半の私の時代ほど頻繁に再放送はなかったかもしれませんね。
特に2期は1期ほど見る機会はなかったかもしれません。

>>正直帰ってきたウルトラマン以降をバカにしていたところもあったと思います

作風が変わりますし、仕方ないところですね。
ただ、作風が違うからと全否定するのは勿体ないと思います。
セブンが好きだとしてもオンリーワンにするんじゃなくて、ナンバーワンにするというか(どっかで聞いたようなフレーズだが笑)。
同じ作品ではなく同じシリーズと割り切って見ていけば、きっとそれぞれの良さが見つかると思います。

>>実際に見てみると初代やセブンにはない登場人物の心の成長や、登場人物の人間臭さや心の中の葛藤などが随所に見られて本当に面白かったです。

まさに上原正三氏が意を注いだ部分だと思います。
上原氏は完成された金城ウルトラ世界には新しい要素を詰め込むしかないと考えて設定を作ったとのことです。
結果帰ってきたウルトラマンはセブンとは違ったタイプで大人の作品になったと思います。

>>岸田隊員

私も子供の頃嫌いでしたねえ。
嫌な奴としか。
ただ、最終回の頃には好きな隊員になってるんですよね。
結果的に一番印象に残る隊員でしょうか。

では、次の更新頑張ります。
 

こんにちは

 投稿者:☆センコー  投稿日:2015年 9月 5日(土)08時40分0秒
  更新お疲れ様です。いつも楽しく読ませていただいています。自分は三十代で小さいころからウルトラセブンが大好きでずっとセブンを見続けていたんですが(初代も時々見てました)、ここのサイトを見させていただいて帰ってきたウルトラマンに興味をもちDVDを揃えて見てみました。正直帰ってきたウルトラマン以降をバカにしていたところもあったと思います。 しかし実際に見てみると初代やセブンにはない登場人物の心の成長や、登場人物の人間臭さや心の中の葛藤などが随所に見られて本当に面白かったです。前半感じが悪くていやな奴だった岸田隊員が、俺は結婚するかもしれんぞと言っていたときのくだりの表情は本当に素晴らしく、岸田隊員が大好きになりました。 これからも更新がんばってください。
 

>>たくろうさん

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 7月 2日(木)23時31分30秒
  >>でも細かく見ていくと粗だらけだったんですね

粗というよりはツッコミどころと言った方がいいかもしれません(笑)。
初っ端の車を運転する宇宙人てのは個人的にかなりツボでした。
しかもどこで習ったのかかなりの腕前(笑)。
しかし渋滞に巻き込まれたら前後左右のドライバーはびっくりするでしょうね。

隊長に関しては、今まで出なかったことに比べれば推理の強引さなんか大した問題ではないかもしれません。
しかし、名古屋さんが出るから今回は出なくていいよと言われた東野さんの心境はいかに。
何で副隊長がいなかったんでしょうね。

ではでは。
 

カタン星人編

 投稿者:たくろう  投稿日:2015年 6月29日(月)07時25分22秒
  割と好きです。荒垣副隊長が居ないのは違和感ありましたけど、
病室でのウルトラマンの人形を使ったシークエンスとか(何度も繰り返されるのがなかなかツボ)
ふざけているようにみえる(笑)光太郎の変身シーンとか(今やったら問題になりそう)。
カタン星人は強豪宇宙人という訳でもないですし、デザイン的にもあまり強そうには見えませんが(なぜに鳥系なんだろう)、
ストーリー的にはタロウにしては暗い感じで結構印象に残っています。

でも細かく見ていくと粗だらけだったんですね(笑)。
 

>>irysさん

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 5月11日(月)23時58分45秒
  管理人のギムレットです。

>>いずれもセブンと敵宇宙人との戦闘シーンが少ない(あるいは皆無)ですものね

しかも巨大化しない話が多いのもセブンの特徴。
第一話からしてあれでしたから。
子供の時初めて見たときは、えっ?これで終わり?て思いました。

>>キュラソ星人

犯罪者だからあんな怖い顔してるのでしょうか(笑)。
しかし子供向けで「宇宙囚人」とか凄いですね。
「囚人」という言葉をセブンで覚えた子供は結構いるのではないでしょうか(笑)。

>>従来の評価にとらわれない

従来の評価をあまり知らないというのも大きいかと思います。
小学生でウルトラを卒業して20代後半で久々に見始めましたから、その間がすっぽり抜けております。
まあ、全く知識がないわけではなく「怪獣学入門」は読みましたし、ご多分に漏れず1期傑作、2期のエース以降子供向けの駄作くらいの認識はありましたが、実際に見てませんでしたので、見たら全然違ってるのがわかりましたね。
ある意味その感動でこのサイトを始めたようなものですので、そういう感性は失わずに続けたいと思います。

ではでは。
 

セブン7&8話更新

 投稿者:irys  投稿日:2015年 5月 7日(木)01時16分9秒
  2話続けての更新お疲れ様でした!(^O^)
前回の6話と合わせてセブンを代表&象徴する話が続いた時期でしたね。
いずれもセブンと敵宇宙人との戦闘シーンが少ない(あるいは皆無)ですものね。


303号の回は私も子供の頃非常に怖かった記憶があり、未だに人けの無いガソリンスタンドを見ると「ひょっとしてキュラソ星人が!?」などと思ってしまいますw

あとメトロン星人の回、実相寺監督でなく他の監督だったらどう演出したか?という問いかけは面白いと感じました。
今後とも従来の評価にとらわれない管理人さん独自の解釈を期待しています(^.^)宜しくお願いします!
 

>>ウルトラファンレオさん

 投稿者:管理人  投稿日:2015年 4月15日(水)23時51分32秒
  その辺りは粗筋なので省略しております。
ご了承を。
 

レンタル掲示板
/70