• [0]
  • ★【信越】

  • 投稿者:kyoto-HM
 

信越地方の地震予測関連情報です。

北海道東北関東信越北陸中部
近畿中国四国九州沖縄小笠原世界
コメントテロップ||用語解説INDEX||災害時緊急伝言板

投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
*投稿パスワード HM専用スレッドです。
sage

  • [16]
  • 参考[信越地方全域171104]

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年11月 4日(土)10時25分23秒
 
(記)2017/11/04 10:25
■震源:信越地方全域対象(長野県北部または南部の可能性)
■規模:M4.3±0.2
■震度:(3~)4
■期間:現在以降の当該地域を震源とする有感地震のみを数えておおむね5(+2)発震目が経過するまでの間。
□目安:今後1ヶ月以内

  • [15]
  • 長野県震度5強による今後の余震について

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年 6月27日(火)08時34分47秒
 
(記)2017/6/27 8:30

6月25日発生の長野県南部M5.6(速報値M5.7)、最大震度5強の地震以降、
本日8時現在までに47回の有感余震が発生しています。

◆震度別
震度1…33回
震度2…7回
震度3…5回
震度4…2回

◆M値別
M1.0~1.6…0回
M1.7~1.9…4回
M2.0~2.4…18回
M2.5~2.9…17回
M3.0~3.4…2回
M3.5~3.9…4回
M4.0~4.4…1回
M4.5~4.9…1回

★余震活動の今後の見通し
M分布の推移状態はおおむね良好であり、6月25日のM5.6の地震を本震と見定める事が出来ます。
また、今後一週間弱程度の期間内においてはM4.8±0.2程度を最高点とするゆるやかな上昇推移が予想されます。
最高点到達時に予想される最大震度は4ないし5弱となりますが、
時節柄震度5強による地盤の緩みが崩壊するといった事も考えられます。

山間部をはじめ、土砂災害危険地域にお住まいの方につきましては引き続きご留意の上お過ごし下さい。

※添付の図は信越地方(長野・新潟両県)におけるこれまでのM分布推移。
※下の図は上の図から注釈等を取り除いたものです。


  • [14]
  • [13]注意喚起に関する続報 01

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年 4月16日(日)16時29分46秒
 
(記)2017/4/16 16:30

その後のM分布帯の推移状況から、当該地域では近日中に次のような有感地震が発生する可能性があります。

●規模はM4.5±0.1程度、最大震度は3ないし4。

この地震が発生した場合でも、その後引き続いてM5クラス半ば程度の地震に注意継続して下さい。


  • [13]
  • 充分な注意が必要です。

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2017年 4月 8日(土)19時35分20秒
 
(記)2017/4/8 19:35

信越地方の全体のM分布に高M値地震発生直前を示唆する事象が見られます。
また、新潟長野両県において震度3の地震が密度高く発生しており、このまま前述の地震へと至る可能性があります。

発生が予想される地震の規模はM5クラス半ば(最大震度5弱)となりますが、
最悪の場合は2014年11月に発生したM6.8(長野県北部)を若干下回るレベルにまで突出する恐れがあり、
万一この規模になりますと最大震度も5強ないし6弱と、大変強い揺れを伴う事が考えられます。

現地の方々におかれましては念のため強震対策を講じてお過ごし下さい。

※警戒すべき期間は当地方における今後の有感地震発生状況からの判断となり、
新たな情報があり次第随時アナウンスいたします。


  • [12]
  • 警戒情報[信越全域160514]

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2016年 5月14日(土)10時02分49秒
 
(記)2016/5/14 10:10

■震源:信越地方(全域対象)
■規模:M5.9±0.3
■震度:5強程度
■期間:現在以降の当該地域を震源とする有感地震のみを数えておおむね10発震目が経過するまでの間。
□履歴:-#10 2016/3/22
□目安:約2ヶ月間

※最低値M5クラス前半により震度5弱以上となる事が予想されます。
※梅雨時期に差し掛かるため山間部においては土砂災害に注意が必要です。

kyoto-HM
(記)2017.4.8 19:15
#3 2016/06/25 13:51 M4.6 -10km 震度4   新潟県上越地方
※規模はまったく及ばず
※信越地方におけるM4.6以上の地震は2015年1月20日以来1年5ヶ月ぶり。
※信越地方における最大震度4以上の地震は2015年3月24日以来1年3ヶ月ぶり。

  • [11]
  • 参考情報[信越全域160416]

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2016年 4月16日(土)20時52分33秒
 
(記)2016/4/16 20:53
■震源:信越地方(全域対象)
■規模:M4.5±0.2
■震度:3~4
■期間:現在以降の当該地域を震源とする有感地震のみを数えておおむね5発震目が経過するまでの間。
□履歴:-#5 2016/3/12
□目安:約1ヶ月間

kyoto-HM
(記)2016.5.14 9:54
#5 2016/4/30 1:37 長野県中部 10km M3.3 震度3
※規模はまったく及ばず
※信越地方における震度3以上の地震は2015年8月27日以来。

  • [10]
  • 今後の動向について

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2016年 1月31日(日)20時41分24秒
 
(記)2016/1/31 20:40

信越地方では現在、M分布において若干の上昇傾向が見られ、
また、過去の起点に対する第3完結点発震領域に向け推移進行中であるものの、M分布全体の流れとしては比較的穏やかであり、
また、震源の深さの推移に高M値発震前特有の懸念事象(震源が深くなる等)も見られないなど、
極端に大きな規模の地震へと繋がるものではないと思われます。

当地方における今後約2ヶ月以内の発震リスクは次の通りです。

■対象:信越地方全域
■規模:M1.6~M3.6±0.1~最大でM4.3±0.2まで
■震度:1~3(~4)
■期間:現在以降の信越地方を震源とする有感地震のみを数えておおむね10発震目が経過するまでの間。
□履歴:-#10  2015/12/2
□目安:約2ヶ月間

  • [9]
  • 注意情報[信越全域150130] 検証報

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2016年 1月31日(日)20時05分25秒
 
(記)2016/1/31 20:05
その後、この情報による該当発震はありませんでした。

  • [8]
  • 注意情報[信越全域150130]続報

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2015年 4月 6日(月)17時34分53秒
 
(記)2015/4/6 17:30

1月30日の情報発信後、目安としていた2ヶ月間が経過いたしましたが、信越地方震源による有感地震の発生回数は現在までに23発震となり、
注意期間として挙げる30発震目の経過にまでは至っておりません。

これまでのM分布帯の推移状況からは特に好転的要素は見当たらず、また、本日14:35発生の長野県北部M1.7は当該地域における起点発震としての要素を有していることからも、引き続き注意の継続が必要と思われます。

今後の信越地方震源による有感地震を数えておおむね7発震目が経過するまでの間が注意継続期間の対象となりますが、
日数的な目安としては、過去の発震ペースから逆算して今後約2週間程度を要することが考えられます。

当該地域にお住まいの方々を中心に、引き続き強めの揺れにご注意の上お過ごし下さい。


  • [7]
  • 注意情報[信越全域150130]

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2015年 1月30日(金)21時24分54秒
 
(記)2015/1/30 21:25
■震源地:信越地方(全域対象)
■規模:M5.3±0.3
■最大震度:4~5弱(~5強)
■注意期間:現在以降の信越地方を震源とする有感地震のみを数えておおむね30発震目が経過するまでの間。
□有感履歴:-#30  2014/11/25(同日同一震源複数発震は1発震として計上しています。)
□目安:約2ヶ月間


  • [6]
  • [1]▲信越地方警戒情報▲ 検証報

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2015年 1月30日(金)21時02分50秒
 
(記)2015/1/30 21:00

2014年1月8日に発信の信越地方警戒情報は、その後警戒期間中における予測規模の地震はありませんでしたが、
情報発信から62発震目相当となる同年9月27日に長野県と岐阜県との県境に位置する御嶽山で噴火(水蒸気爆発)があり、
多数の犠牲者を伴う大災害となりました。
またその2ヶ月後、情報発信から通算79発震目となる同年11月22日、
想定規模をはるかに上回るM6.8の地震が長野県北部を震源として発生いたしました。

マグニチュード分布においてこの規模の地震発生の直前前兆的な事象は見られなかったものの、
2013年6月以降の分布推移全体からは、その後の高M値地震の発生を示唆すると思われる推移事象が明確に表れておりました。

また、信越地方を震源とする震度3以上の地震のM分布状況(添付の図)からは、御嶽山の噴火、長野県北部M6.8の地震の
いずれにおいても2011年の三陸沖M9.0に起因する地殻変動を由来として引き起こされた事象である事が覗えます。
※図中Aは、信越地方における現在の要注意領域(M5クラス)。
※図中Bは、全国を対象とした現在の要警戒領域(M7.5以上)。

  • [5]
  • [4]参考情報[信越140613-A01] 検証報

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2014年10月13日(月)07時46分42秒
 
(記)2014/10/13 7:45
その後の発震は次の通りとなりました。

◆発震データ
#7 2014/7/22 0:58 長野県南部 M3.9 震度2
#6 2014/7/15 1:03 長野県北部 M3.1 震度2
★ ---予測期間(#5)経過---
#5 2014/7/15 0:34 新潟県中越地方 M2.9 震度1
#4 2014/7/8 6:34 長野県中部 M1.8 震度1
#3 2014/7/1 4:54 長野県中部 M2.5 震度1
#2 2014/6/30 5:14 長野県南部 M3.4 震度3
#1 2014/6/16 12:22 長野県北部 M2.5 震度1
★ 2014/6/13 ---情報発信---
#0 2014/6/9 20:54 長野県北部 M1.8 震度1

  • [4]
  • 参考情報[信越140613-A01]

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2014年 6月13日(金)23時27分13秒
 
(記)2014/6/13 23:25
■震源地:信越地方(全域対象)
※長野県震源の可能性。
■規模:M4.1±0.2
■最大震度:3~4
■注意期間:現在以降の信越北地方を震源とする有感発震のみを数えておおむね5発震目が経過するまでの間。
□有感履歴:-#5 2014/5/28(同日同一震源群発を除く)
□目安:約2週間

  • [3]
  • [2]新潟県【約1ヶ月・震度4・注意】 検証報

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2014年 5月24日(土)09時27分5秒
  • 編集済
 
(記)2014/10/13 8:05
その後の発震は次の通りとなりました。

◆発震データ
#1 2014/4/8 5:07 新潟県中越地方 M4.5 震度4
★ 2014/1/29 ---情報発信---

  • [2]
  • 新潟県【約1ヶ月・震度4・注意】

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2014年 1月29日(水)17時20分35秒
 

2014.1.29 17:20

新潟県全域を対象とするマグニチュード分布に上昇傾向が見られ、
過去のM4クラス発震の際に見られた前兆的推移とほぼ同様の状況となっています。

今後予想される直近最大の発震は次の通りです。

■震源地:新潟県(中越地方の可能性高し)
■規模:M4.6±0.2
■最大震度:4(~5弱)
■注意期間:2014/1/29 17:20以降の新潟県(全域対象)を震源とする有感発震のみを数えておおむね3発震目(+#2)が経過するまでの間。
□有感履歴:-#3 2014/1/10(-#5 2013/12/1)

★これまでの震度進行の推移状況から、最大震度は4となる事が予想されますが
念のため震度5弱といった強めの揺れに対しご注意下さい。



  • [1]
  • ▲信越地方警戒情報▲

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2014年 1月 8日(水)18時47分7秒
 
信越地方において、現在M6クラス程度の大きな発震の恐れがあります。

信越地方では、全域を対象とするマグニチュード分布において2013年6月以降に見られた降下傾向から一転し、
2013年8月以降は一貫した上昇傾向が見られ、まもなく分布の最高点に到達するものと推測されます。

予想される今後直近最大の地震の概要は次の通りです。

■震源地:信越地方(新潟県中越地方の可能性が極めて高い)
■規模:M6.2±0.3
■最大震度:6弱~6強
■警戒期間:現在以降~2014年4月中

★該当地震が発生した際には短期間内に繰り返し発生する震度5強レベルの余震に対し充分に警戒を継続して下さい。

★東日本太平洋側海域において、M8クラスレベルの地震が発生した場合は
その後直ちに当情報に準ずるレベルの誘発地震に警戒して下さい。