• [0]
  • ★【北海道】

  • 投稿者:kyoto-HM
 

北海道地方の地震予測関連情報です。

北海道東北関東信越北陸中部
近畿中国四国九州沖縄小笠原世界
コメントテロップ||用語解説INDEX||災害時緊急伝言板

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
*投稿パスワード HM専用スレッドです。
sage

  • [41]
  • 警戒情報[北海道陸域171016]

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年10月16日(月)22時18分56秒
 
(記)2017/10/16 22:20

北海道地方では海域、陸域共に大き目地震の兆候が顕著に表れておりますが、
海域に先行して次のような陸域震源の地震が発生する事が予想されます。

■震源:北海道地方陸域
■規模:M6.2±0.2
■震度:5強(規模からの推測による)
■期間:---
■目安:今後約2ヶ月間(年内を目途に)


  • [40]
  • [38]北海道地方で大型発震の恐れ の続報(1)

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2016年 8月17日(水)06時53分38秒
 
(記)2016/8/17 06:53

北海道地方に表れている大型地震前兆事象はその後も続いています。

6月16日に発生した内浦湾を震源とするM5.3の地震では最大震度6弱を観測しており、
震度6弱となった地震の規模としてM5.3は異例の低さであり、
北海道地方における今後の大型地震が最低でも震度6弱となる事を示唆しています。

今回の大型地震がそれに該当するとは限りませんが、最大でM8クラスになる恐れがあり、
これが周辺諸外国圏を震源する地震ではなく、北海道地方固有の震源であれば6弱という震度は想定内震度という事になります。

また、M値がM7クラス以上にもなりますと震源が沿岸部を除く陸域(内陸)でない限り、
津波の発生を伴う可能性があります。

津波は震源条件に依存するため、どの程度の津波高になるかはわかりませんが、
万一M8クラスとなれば相応の実害を伴う事が予想されます。

考えられる地震として・・・

◆最低想定は、サハリンや千島列島をはじめとする周辺諸外国圏を震源とするM7クラス前半程度の地震で、
国内観測震度は3(~4)程度の地震で国内における津波の被害はなし。

◆最高想定は北海道の周辺海域を震源とするM8クラス前半程度、最大震度は6弱以上。
沿岸部では津波により甚大な被害を伴う。

発生時期については、これまでの推移状況などから推測し、
今後の北海道地方を震源とする震度3以上(M6.3以下を対象)の地震を数えておおむね8発震分が経過するまでの間となり、
現在の発震ペースから逆算し、約3ヶ月間程度が目安となります。

引き続き強い揺れにご注意いただきますとともに、
沿岸部にお住まいの方々については津波の発生にも留意する必要があります。


  • [39]
  • 内浦湾余震注意情報

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2016年 6月30日(木)10時13分55秒
 
(記)2016.6.30 10:00

今月16日に震度6弱を観測した内浦湾震源地震について、
その後の震度進行の状態から、近日中に震度5弱(ないし5強)を観測する余震の可能性があります。

予想される地震の規模はおおむねM4クラス半ばから後半程度ですが、
16日の本震の規模は、震度6弱を観測した地震としては通常よりもかなり低いM値であるM5.3であった事、
21日にはM4.0で震度4を観測している事などから、念のため震度5弱ないし5強といった強めの揺れに対しご注意下さい。

現在までの発震ペースから推測し、今後2週間以内がひとつの目安となります。


  • [38]
  • 北海道地方で大型発震の恐れ

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2016年 6月16日(木)10時22分29秒
 
(記)2016/6/16 10:22

北海道地方全体におけるM分布の推移に大型発震前兆が顕著に表れています。
※M7クラス(またはそれ以上)

これは北方海外圏を震源とする地震の可能性がありますが、念のため国内領土震源による地震を想定し、
最大震度5強以上の強い揺れに対し警戒する必要があります。

また、海外圏であっても震源位置の条件により津波の発生を伴う可能性があります。
道北東側沿岸部、道東沿岸部をはじめ、東北地方にかけての太平洋沿岸部においては念のため津波に対する留意も必要です。

尚、発生時期などについて現時点では不明のため参考情報扱いとなりますが、
今後の発震状況等により必要に応じて情報の発信を行います。


  • [37]
  • 注意情報[北海道全域160528]

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2016年 5月28日(土)13時40分51秒
 
(記)2016/5/28 13:40
■震源:北海道地方(全域対象)
※隣接諸外国圏を含む海域震源の可能性。
■規模:M6.2±0.2
■震度:4
■期間:今後約3週間(6月20日まで)


  • [36]
  • 注意情報[北海道全域160416]

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2016年 4月16日(土)20時10分52秒
 
(記)2016/4/16 20:15
■震源:北海道地方(全域対象)
■規模:M5.7±0.2
■震度:4(~5弱)
■期間:今後約2週間(4月末まで)

kyoto-HM
#5 2016/5/3 9:01 北海道東方沖 70km M5.7 震度3

  • [35]
  • 注意情報[十勝地方全域160324]

  • 投稿者:HM@京都
  • 投稿日:2016年 3月24日(木)01時00分40秒
 
(記)2016/3/24 1:00
■震源:十勝地方(全域対象)
■規模:M5.8±0.2
■震度:5弱
■期間:今後約5ヶ月間(8月末まで)


【補足】
十勝地方の全域(内陸部+海域)が対象となりますが、内陸部が震源となる地震である可能性があります。

kyoto-HM
2016.5.9現在 期間継続中

  • [34]
  • 警戒情報[北海道海域160324]

  • 投稿者:HM@京都
  • 投稿日:2016年 3月24日(木)00時07分57秒
 
(記)2016/3/24 0:10
■震源:北海道地方東部海域(隣接諸外国圏含む)
■規模:M7.8±0.3
■震度:5弱~5強
■期間:今後約2ヶ月間(5月末まで)


【補足】
北海道に隣接する海外圏が震源となるM7クラス地震である可能性が高いものですが、
北海道北部から東部沿岸地域を中心に震度5強程度の強い揺れに対する警戒が必要です。
また、震源の諸条件により津波情報への留意も併せて必要となります。

kyoto-HM
2016.5.9現在 期間継続中

  • [33]
  • [8]日高地方参考情報 続報01

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2016年 1月12日(火)23時22分20秒
 
(記)2016/1/12 23:20
[8]日高地方参考情報 に関する現時点における今後の見通しです。

日高地方ではM6クラス地震の発生が見込まれますが、
この地震に先立ち、まずは今後約半年から1年以内にM5クラス半ば程度の地震の発生が見込まれる状況となっています。

また、この地震が発生したと仮定した場合、その規模や最大震度などの諸データによっては、
予測上、前出のM6クラス地震に相当するものと判断する事が出来うる可能性を含むものとなります。

■震源地:日高地方(全域対象※)
■予測規模:M5.5±0.2
■想定震度:5弱(~5強)
■注意期間:現在以降の日高地方(全域対象)を震源とする有感発震のみを数えておおむね6発震目が経過するまでの間。
□有感履歴:-#6 2015/4/8
□目安:約6ヶ月~1年以内

kyoto-HM
2016.5.9現在 期間継続中

  • [32]
  • 参考情報[北海道全域160107]

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2016年 1月 7日(木)14時36分51秒
 
(記)2016/1/7 14:35
■震源地:北海道地方(隣接海外圏を含む全域対象)
■予測規模:M6.1±0.3
■想定震度:2以上(上限5強)
■想定期間:現在以降の当該地域を震源とする最大震度2以上の有感地震のみを数えておおむね8発震目が経過するまでの間。
□目安:現在~2月一杯までの間
※発生履歴:-#8 2015/11/19
kyoto-HM
#1(震度2↑) 2016/1/12 2:08 北海道北西沖 260km M6.0 震度3
#3(震度2↑) 2016/1/14 12:25 浦河沖 50km M6.7 震度5弱

  • [31]
  • 注意情報[北海道全域150601]

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2015年 6月 1日(月)21時00分30秒
 
(記)2015/6/1 21:00
■震源地:北海道地方(全域対象※)
■予測規模:M5.4±0.3
■想定震度:4(~5弱)
■注意期間:現在以降の北海道地方(全域対象)を震源とする有感発震のみを数えておおむね5発震目(+#3)が経過するまでの間。
□有感履歴:-#5 2015/5/18(-#8 2015/5/17)
□目安:約2週間程度
※北方海外圏を震源とする地震を含みます。

kyoto-HM
#4 2015/6/4 4:34 釧路地方中南部 M5.0 震度5弱

  • [30]
  • [29]注意情報[北海道全域150311] 検証報

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2015年 6月 1日(月)20時49分54秒
 
(記)2015/6/1 20:50

この情報による該当地震はありませんでした。

  • [29]
  • 注意情報[北海道全域150311]

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2015年 3月11日(水)00時11分48秒
  • 編集済
 
(記)2015/3/11 0:10
■震源地:北海道地方(全域対象※)
■予測規模:M6.0±0.3
■想定震度:4~5弱(~5強)
■注意期間:現在以降の北海道地方(全域対象)を震源とする有感発震のみを数えておおむね20発震目が経過するまでの間。
□有感履歴:-#20 2015/1/9
□目安:約2ヶ月間程度
※北方海外圏を震源とする地震を含みます。


  • [28]
  • 注意情報[北海道全域150123] 検証報

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2015年 3月10日(火)23時57分29秒
 
只今準備編集中 2015/3/11 23:57

  • [27]
  • 注意情報[北海道全域150123]

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2015年 1月23日(金)09時39分54秒
 
(記)2015/1/23 9:40

北海道地方では現在、全域を対象としたマグニチュード分布帯の推移に急激な上昇傾向が見られます。
このままの推移を続けますと、数発震以内においてM5.9±0.3程度の発震の可能性があります。

今後の北海道地方を震源とする有感地震(※)のみを数えておおむね10発震目が経過するまでの間が目安となりますが、
北海道地方での発震ペース自体は現在スロー気味となっており、10発震の経過に約1ヶ月程度を要することも考えられます。
(※)無感地震でもサハリンや千島列島などの周辺諸外国圏震源によるM7.0以上の地震としてYahoo!地震情報に掲載された場合はすべてカウント数に含めます。

また、震源がはるか遠方海域等となりますと道内(東北含む)での観測震度はさほど大きくならない事も充分考えられますが、
念のため道内内陸部や沿岸、隣接海域震源による地震を想定し、震度5弱前後といった強めの揺れにご注意の上お過ごし下さい。

■震源地:北海道地方(全域対象)
■規模:M5.9±0.3
■最大震度:4~5弱~5強
■注意期間:現在以降の北海道地方(全域対象)を震源とする有感発震のみを数えておおむね5発震目(+#5)が経過するまでの間。
□有感履歴:-#5 2015/1/5(-#10 2014/12/28)
□目安:約1ヶ月間程度


  • [26]
  • [18]注意情報[北海道(浦河沖)140627-A] 続報01

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2015年 1月 5日(月)23時50分1秒
 
(記)2015/1/5 23:50

▲この続報をもって注意情報から警戒情報に引き上げます。

2014年6月27日の情報発信より既に約6ヶ月以上が経過し、
浦河沖を震源とするその後の有感地震数は13発震となっています。

その間5発震目に発生したM4.5(震度3)の地震が最大のM値となっており、
予想していたM5.7±0.3の地震発生に及ぶ事なく現在に至っておりますが、
浦河沖震源におけるこれまでのM分布の推移状態は好転的な判断材料に乏しく、
現状は予想値を更に上回る高M値での発震の可能性が高い状態にあります。

現在予想されるその規模はM6クラス前半から7クラス半ば以内となっており、
最小値でもM6.3±0.2という結果が出ています。

最大値ですとM7.2±0.3といった実害~震災レベルの規模となりますが、
実効的な範囲といたしましてはM6クラス半ばから後半、M6.6±0.2が予測中心値となります。

当該震源におけるこの規模による地震の際に予想される震度は5強程度となり、
実害を伴う恐れのある揺れとなることから、
北海道日高地方、胆振地方、十勝地方にお住まいの方々を中心に、
北海道から東北地方北部の太平洋側にお住まいの方々は念のため強震対策を念入りに講じていただくとともに、
万一M6クラス半ば以上となる地震が発生した際には津波情報にもご留意の上、情報の収集に努めて下さい。

尚、この続報による警戒期間は今後おおむね6ヶ月間が第一の目安となります。


  • [25]
  • 注意情報[北海道東方沖140918]続報01

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2015年 1月 5日(月)22時13分59秒
  • 編集済
 
(記)2015/1/5 22:13

2014年9月18日の情報発信より既に約3ヶ月半が経過いたしましたが、
当該震源におけるその後の有感地震数は2発震に留まっています。

2014/12/22 1:51 北海道東方沖 M4.5 震度1
2014/10/26 10:22 北海道東方沖 M4.8 震度1

予想をはるかに超えてのスローペースとなっておりますが、
引き続き当該規模となるM5.9±0.3ないしM6.2±0.2の地震にご留意いただき、
道東にお住まいの方々を中心に少し強めの揺れにご注意の上お過ごし下さい。

なお、この続報による要注意期間は今後約2ヶ月間(+4ヶ月間)となり、2015年2月末日(~同年6月中)までがひとつの目安となります。


★この情報の該当地震が発生した場合、その後の東北地方太平洋側海域を震源とするM7クラス以上の大型発震に充分警戒して下さい。

  • [24]
  • 注意情報[北海道東方沖140918]

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2014年 9月18日(木)22時21分33秒
  • 編集済
 
★★★[25]続報01をご覧下さい★★★

(記)2014/9/18 22:20

■震源地:北海道東方沖
■規模:M5.9±0.3(※)
■最大震度:4(※)
■注意期間:現在以降の北海道東方沖を震源とする有感発震のみを数えておおむね3発震目(+#2)が経過するまでの間。
□有感履歴:-#3 2014/7/26(-#5 2014/5/10)
□目安:約2ヶ月(+2ヶ月)程度

(※)当初3発震以内で該当規模の地震がない場合、その後2発震についてはM6.2±0.2(最大震度は4~5弱)を想定して下さい。

★この情報の該当地震が発生した場合、その後の東北地方太平洋側海域を震源とするM7クラス以上の大型発震に充分警戒して下さい。


  • [23]
  • 北海道全域を対象に要警戒

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2014年 8月30日(土)19時41分18秒
 
(記)2014.8.30 19:40
現在北海道では全域を対象にマグニチュード分布の上昇推移ならびにダイナミックレンジの増大が顕著となる中、
第一完結点発震をM5クラス以上とするレベルの起点が発生しております。

2014/8/25 9:53 胆振地方中東部 M2.6 震度1 他

今後おおむね2週間程度以内において、M5.0以上となる有感地震が複数件発生する可能性があり、
うち1件についてM6.5前後(またはそれ以上)となる恐れがあります。

この規模に加え、7月8日に発生した石狩地方南部M5.8の地震において震度5弱を観測していることから、
震度進行の推移上今回は5強を想定する必要があります。
※その他については最大震度は4以下と推測されます。
※北方圏海外震源M7クラス程度以上による日本国内無感地震を含みます。

※予想される震源については現在検討中です。


  • [22]
  • [21]注意情報[北海道140627-D]その他 検証報

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2014年 8月30日(土)19時13分24秒
 
編集作業中

  • [21]
  • 注意情報[北海道140627-D]

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2014年 6月27日(金)22時11分12秒
 
(記)2014/6/27 22:10
北海道地方では全域を対象に、M4~5クラス前半程度の第一完結点に対応すると見られる起点が2件出ています。

②2014/6/27 6:20 上川地方北部 M2.8 震度1
①2014/6/26 22:45 上川地方北部 M2.9 震度1

いずれか1件については第一完結点の規模をM4.1程度(最大震度1~2)としますが、
残る1件については同完結点がM5.3±0.3程度となることが予想され、
注意情報[北海道140627-B]または参考情報[北海道140627-C]のいずれかによる該当発震の可能性があります。

注意・参考期間は今後の北海道地方を震源とする有感地震のみを数えておおむね5発震程度以内とし、
経過に要する日数的目安はおおむね2週間となります。


  • [20]
  • 参考情報[北海道140627-C]

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2014年 6月27日(金)21時44分7秒
 
(記)2014/6/27 21:50
■震源地:北海道海域部
■規模:M5.2±0.2
■最大震度:1~3(~4)
■参考期間:現在以降の当該地域を震源とする有感発震のみを数えておおむね3発震目が経過するまでの間。
□有感履歴:-#3 2014/6/18
□目安:約2週間程度
※[北海道140619-A02]と重複の可能性あり。

  • [19]
  • 注意情報[北海道140627-B]

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2014年 6月27日(金)21時33分22秒
 
(記)2014/6/27 21:30
■震源地:北海道内陸部
■規模:M5.2±0.3
■最大震度:4(~5弱)
■注意期間:現在以降の当該地域を震源とする最大震度2以上の地震のみを数えておおむね3発震目(+#1)が経過するまでの間。
□有感履歴:-#3 2014/5/9(-#4 2014/4/18)
□目安:約2ヶ月程度


  • [18]
  • 注意情報[北海道140627-A]

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2014年 6月27日(金)21時12分54秒
 
(記)2014/6/27 21:10
震源地:浦河沖
■規模:M5.7±0.3
■最大震度:4~5弱(~5強)
■注意期間:現在以降の当該地域を震源とする有感発震のみを数えておおむね4発震目(+#1)が経過するまでの間。
□有感履歴:-#4 2014/5/17(-#5 2014/5/14)
□目安:約一ヶ月半程度


  • [17]
  • [北海道140619-A02]

  • 投稿者:HM@京都メール
  • 投稿日:2014年 6月27日(金)01時03分16秒
 
(記)2014/6/27 1:00
▲[北海道140619-A01]の続報

次のような地震がありました。

2014/6/26 14:47 根室半島南東沖 M4.7 震度4

北海道地方(全域対象)ではもう1件起点があり、同程度の有感地震が再度発生する可能性があります。

  • [16]
  • 参考情報[北海道140619-A01]

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2014年 6月19日(木)05時55分24秒
 
(記)2014/6/19 5:55
■震源地:北海道(全域対象)
■規模:M4.9±0.2
■最大震度:3~4
■参考期間:現在以降の当該地域を震源とする有感発震のみを数えておおむね4発震目が経過するまでの間。
□有感履歴:-#4 2014/6/9
□目安:約2週間程度
※[北海道140517-A01]と重複の可能性あり。

  • [15]
  • [北海道140517-A02]

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2014年 5月31日(土)08時15分12秒
 
[北海道140517-A01]続報 2014.5.31

次のような地震がありました。

2014/5/30 20:21 釧路地方中南部 M4.1 震度3

情報補足にて「震度3~4を観測するのはいずれか1件を予想」としておりますが、
今回の地震で震度3を観測したもののM値が予想値を大幅に下回っていることから
今後さらに続伸し、M4.1以上の地震発生をもって震度4を観測する可能性があることから
参考期間(※)中は引き続き震度4程度の揺れに留意する必要があります。

(※)[13]内では“注意期間”と記しておりますが、当該情報の質が参考情報扱いのため“参考期間”に訂正いたします。

  • [14]
  • 北海道140517-A01(補足)

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2014年 5月17日(土)08時17分10秒
 
(記)2014/5/17 8:16
同程度~若干下回る規模(M値)の有感地震が連続的またはわずかの間隔を置いて2回発生する可能性があります。
※最大震度3~4を観測するのはこのうち1件であることが予想されますが、
前震~本震や本震~余震、個別単発といった発震のタイプは不明です。

  • [13]
  • 参考情報[北海道140517-A01]

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2014年 5月17日(土)08時00分10秒
 
(記)2014/5/17 8:00
■震源地:北海道内陸部
■規模:M4.8±0.2
■最大震度:3~4
■注意期間:現在以降の北海道内陸部を震源とする有感発震のみを数えておおむね5発震目が経過するまでの間。
□有感履歴:-#5 2014/4/11
□目安:約1ヶ月程度

  • [12]
  • 参考情報[2014-0207-02-01]

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2014年 2月 7日(金)23時35分22秒
 
(記)2014/2/7 23:30
■震源地:北海道東方沖
■規模:M5.3±0.1(またはM6.3以下)
■最大震度:3(~4)
■注意期間:現在以降の北海道東方沖を震源とする有感発震のみを数えておおむね3発震目が経過するまでの間。
□有感履歴:-#3 2014/1/22
□目安:約1ヶ月程度

★この情報の該当地震が発生した場合は、その後直ちに東北地方太平洋側海域を震源とするM7クラス以上の大型発震に充分警戒して下さい。

  • [11]
  • 参考情報[2014-0204-02-01]

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2014年 2月 4日(火)08時18分34秒
 
(記)2014/2/4 8:15
■震源地:北海道内陸部
■規模:M5.3~M6.1
■最大震度:5弱(~5強)
■注意期間:現在以降の北海道内陸部を震源とする有感発震のみを数えておおむね10発震目が経過するまでの間
□有感履歴:-#10 2013/12/6)
□目安:約2ヶ月程度
★2014-0204-01-01による該当発震を前震とする本震の可能性。


  • [10]
  • 参考情報[2014-0204-01-01]

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2014年 2月 4日(火)08時03分5秒
 
(記)2014/2/4 8:00
■震源地:北海道内陸部
■規模:M4.5±0.2
■最大震度:3~4
■注意期間:現在以降の北海道内陸部を震源とする有感発震のみを数えておおむね3発震目(+#2)が経過するまでの間
□有感履歴:-#3 2014/1/15(-#5 2013/12/21)
□目安:約1ヶ月半程度

  • [9]
  • 参考情報[2014-0203-01-01]

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2014年 2月 3日(月)23時02分16秒
 

(記)2014/2/3 23:00

■震源地:北方四島及び周辺海域または北方海外圏

■規模:M6.7±0.2

■最大震度:国内3以下

■注意期間:現在以降の北海道地方(※)を震源とする有感発震のみを数えておおむね10発震目(+#2)が経過するまでの間

(※)北方四島及び周辺海域または北方海外圏を含む。
□有感履歴:-#10 2014/1/12(-#12 2014/1/9)

□目安:約1ヶ月以内



  • [8]
  • 日高地方参考情報

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年12月 6日(金)01時21分48秒
 
日高地方(全域対象)では今後5年~10年程度先においてM6クラス半ば程度の地震の発生が見込まれます。
該当規模による発震の際に予想される震度は5強~6弱となります。


  • [7]
  • [6][4]十勝地方【3ヶ月・震度5弱・注意】続報02

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年12月 6日(金)01時08分19秒
  • 編集済
 
十勝地方では次のような発震がありました。

2013/11/28 11:33 十勝地方南部 M3.0 震度1

この発震を起点とする第一完結点として[4]の該当地震の発生が予想されます。
規模は若干下方修正し、M5.1±0.1、
注意期間は今後の十勝地方(全域)を震源とする有感地震のみを数えて3発震目(+#2)が経過するまでの間となり、
目安は今後約1ヶ月(+1ヶ月)以内となります。

震度についてはこれまでの震度進行や規模から想定し、4となる事が予想されますが、
念のため震度5弱の揺れに対しご注意下さい。


★参考情報
北海道~東北地方の太平洋側海域における大型地震の発生に伴い誘発される地震、
または前兆的な地震のひとつとなる可能性があります。


  • [6]
  • [4]十勝地方【3ヶ月・震度5弱・注意】続報01

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年10月21日(月)16時53分18秒
 

本日12時33分頃、十勝地方南部を震源とするM4.6(最大震度3)の地震が発生いたしました。

十勝地方南部震源ではM5クラス以上の本震を軸とする前震や余震(いずれもM4クラス半ば~)が

発震回数的に密度高く(連続的に)発生するといった特徴が顕著です。

本日のM4.6を前震とする本震(M5.2±0.2程度)発生の可能性があることから、
引き続き震度5弱といった強めの揺れに対する注意の継続が必要ですが、
前震~本震や本震~余震の間が約1ヶ月から約半年程度を要する事例もあり、
現時点において本震発生の時期を特定することは困難です。



  • [5]
  • 北海道地方内陸部参考情報

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年10月13日(日)23時13分31秒
 
現在、震度4程度の発震の可能性があります。
※マグニチュード分布において若干の上昇傾向が見られる中、
M4クラスの第一完結点に対応する起点となることが予想される発震が1件発生しています。

2013/9/8 11:30 留萌地方南部 M2.3 震度1

予想される直近最大の発震は次の通りです。

■震源地:北海道内陸部
■規模:M4.7±0.2
■最大震度:3~4
■注意期間:現在以降の北海道地方内陸部を震源とする有感発震のみを数えておおむね2発震目(+#3)が経過するまでの間
□有感履歴:-#2 2013/9/23(-#5 2013/9/7)

  • [4]
  • 十勝地方【3ヶ月・震度5弱・注意】

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年 8月13日(火)18時08分6秒
 
現在、震度5弱程度の発震の可能性があります。
※マグニチュード分布において上昇ベクトルが見られる他、
震源の深さの推移に高M値発震前の特徴(深部発震の継続推移)が見られます。
※2013/2/2に発生した十勝地方中部M6.4の最大余震の可能性があります。

今後予想される最大規模の発震は次の通りです。

■震源地:十勝地方全域対象(または隣接する周辺震源地)
■規模:M5.5±0.2
■最大震度:4~5弱(~5強)
■注意期間:2013/8/13 17:30以降の十勝地方(全域対象)を震源とする有感発震のみを数えておおむね5発震目(+#3)が経過するまでの間
□有感履歴:-#5 2013/5/17(-#8 2013/4/23)

★分布状況図はこちら

  • [3]
  • 北海道地方警戒情報

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年 7月18日(木)21時50分22秒
  • 編集済
 
[1]情報では根室半島南東沖における推移を一例として挙げておりますが、
北海道地方全データにおける推移状況におていも高M値発震前の特徴が顕著に表れています。

こちらの図は北海道地方全域における過去約一年間の分布データです。
マグニチュード分布基準帯(グレー破線)に対して左(低M値)側へのせり出し(*1)が大きければ大きいほど
その後右(高M値)側へのせり出し(*2)が大きくなる傾向が強く表れており、
マグニチュード分布帯における起点と完結点の関係の典型的な形態が顕著に表れています。
(*1・・・青破線)(*2・・・赤破線)
そして現在、未完結となっている顕著な起点(図中左側へのせり出し部分青太線)が残されている事がわかります。

また、基準帯の一部が赤矢印の方向へと推移ベクトル(指向性)を揃えており、
おおむねこの矢印の延長線上において完結点を迎えることになります。

これらの事から、太赤線で示す完結点領域として今後約30発震目が経過するまでの間に何らかの結果を伴う事が予想され、
目安として今後約2ヶ月間、北海道から東北地方(三陸沖(北寄り)や青森県東方沖、岩手県沖など)にかけての
太平洋側海域(北方国外海域含む)を震源とするM6クラスまたはそれ以上、震度5強程度の発震に特に警戒が必要となります。

※この該当発震に対する『直前前兆起点』は現在のところ未確認です。
※地震の規模や震源地などの条件により津波情報に留意が必要となる場合があります。

  • [2]
  • [1]参考

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年 7月18日(木)20時09分3秒
 
根室半島南東沖における2008年以降の震度/M/深さ分布図

  • [1]
  • 参考情報

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年 7月18日(木)19時41分25秒
 

現在北海道地方におけるマグニチュードならびに震源の深さ、震度進行の各分布状況に

M6クラスまたはそれ以上の発震の可能性を示唆する状況が顕著となって来ています。

今後の高M値発震を示唆する現象の一例として、
根室半島南東沖におけるマグニチュード分布帯の推移が2008年以降、降下傾向で推移し、
2011年の3.11/M9.0を境としてその後は上昇傾向に転じ現在に至っています。
 

この、2008年から始まり、足掛け約6年間に及ぶ一貫したM分布の様相は顕著な三日月形推移となっており、
まもなくその最終段階に差し掛かるものと思われます。

また、この三日月形分布推移の要所要所において三陸沖を震源とするM9.0やM7.3、M6.8の地震が

規則正しい周期性をもって発生しており、十勝沖や釧路沖などにおいても同様の推移が見られる事から

北海道太平洋側海域から三陸沖にかけてのいずれかを震源とするM6クラス以上の地震の前兆的現象である事が考えられます。