【重要】teacup. byGMOのサービス終了について


  • [0]
  • ★【東北】

  • 投稿者:kyoto-HM
 

東北地方の地震予測関連情報です。

北海道東北関東信越北陸中部
近畿中国四国九州沖縄小笠原世界
コメントテロップ||用語解説INDEX||災害時緊急伝言板

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
*投稿パスワード HM専用スレッドです。
sage

  • [22]
  • 参考情報[2014-0203-02-01]

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2014年 2月 3日(月)23時13分3秒
 
(記)2014/2/3 23:10
■震源地:東北地方
■規模:M4.7±0.2
■最大震度:3(~4)
■注意期間:現在以降の東北地方を震源とする有感発震のみを数えておおむね3発震目(+#2)が経過するまでの間。
□有感履歴:-#3 2014/1/28(-#5 2014/1/28)
□目安:約1週間以内

  • [21]
  • ▲東北地方警戒情報▲ 続報-01

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2014年 1月20日(月)01時17分4秒
 

現在のところ超直前的な事象は確認出来ておりませんが、
福島県沖データに高M値発震前兆と思われる分布推移が見られ、
その結果が切迫している状況である恐れがあります。

これは福島県沖震源によるM6.1程度(※1)の単独発震の可能性もありますが、
念のため[17]iに準ずる三陸沖から福島県はるか東方沖にかけての地域を震源とするM7.9以上(※2)となる特大型発震への警戒を強化して下さい。

 

(※1)海溝西側を震源とした場合の最大震度の目安は5弱~5強。

海溝東側を震源とするアウターライズ地震の場合の最大震度の目安は3程度。

※この場合、2013/10/26に発生したM7.1の最大余震という位置づけとなります。

 

(※2)過去の事例として三陸沖震源M7.3で最大震度5弱を観測していることから、M7.9の場合の震度の目安は6弱~6強程度を想定。

併せて津波情報に留意が必要です。



  • [20]
  • 東北地方注意情報

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2014年 1月 7日(火)08時55分32秒
 

現在、東北地方太平洋側海域ではマグニチュード分布状況からM5クラス半ば程度の発震の可能性があります。

予想される今後直近最大の発震概要は次の通りです。

■震源地:東北地方太平洋側海域(※)
■規模:M5.0~M5.6±0.2
■最大震度:3~4
■注意期間:現在以降の東北地方太平洋側海域(※)を震源とする有感発震のみを数えておおむね3発震目(+#2)が経過するまでの間。
□有感履歴:-#3 2014/1/6(-#5 2014/1/5)
★目安・・・約48時間以内

■津波:心配なし

 

■参考:予測地域において震度3~4(または同規模レベル)の地震が2件程度連続的(または短期間)に発生の可能性。

(※)青森県東方沖/岩手県沖/宮城県沖/福島県沖/三陸沖のいずれか。



  • [19]
  • 宮城県内陸部【3ヶ月・震度4・注意】

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年12月19日(木)00時23分19秒
 

2012年3月以降、宮城県内陸部のマグニチュード分布の推移状況に極度の上昇傾向が見られ、現在に至っています。
これは東北地方太平洋側を震源とする極高M値発震に伴う前兆事象と考えられ、
この大型発震に前後して宮城県内陸部震源においても高M値地震の発生が予想されます。

予想される今後直近最大の発震概要は次の通りです。

■震源地:宮城県北部/中部/南部のいずれか。
■規模:M5.2±0.3
■最大震度:4~5弱
■注意期間:現在以降の宮城県内陸部を震源とする有感発震のみを数えておおむね3発震目が経過するまでの間。
□有感履歴:-#3 2013/5/7

★目安・・・大型発震誘発タイプの場合は約3ヶ月以内。単独発震の場合は約7ヶ月以内。

 

過去のデータから最大震度は4と予想されますが、規模が予想値上限となった場合の最大震度は5弱となる可能性もあります。
念のため強めの揺れにご留意下さい。



  • [18]
  • 宮城県沖【2week・震度5弱・注意】

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年12月18日(水)23時43分21秒
 
現在、宮城県沖ではマグニチュード分布状況からM5クラス半ば程度の発震の可能性があります。

予想される今後直近最大の発震概要は次の通りです。

■震源地:宮城県沖
■規模:M5.6±0.3
■最大震度:4~5弱(~5強)
■注意期間:現在以降の宮城県沖を震源とする有感発震のみを数えておおむね4発震目(+#5)が経過するまでの間。
□有感履歴:-#4 2013/12/15(-#9 2013/12/5)

★目安・・・約2週間

これまでの震度進行などから最大震度は4ないし5弱と予想されますが、
震源が沿岸部に近い場合や規模が予想値上限となった場合の最大震度は5強となる恐れもあります。
念のため強めの揺れにご注意下さい。


  • [17]
  • ▲東北地方警戒情報▲

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年12月14日(土)09時04分34秒
 

東北地方において、現在M8クラス前半~半ば程度の極めて大きな発震の恐れがあります。

東北地方各震源、その他北海道から中部地方にかけての東日本全域において、
マグニチュード分布に「超高M値発震前兆」と考えられる特異的事象が多数散見されます。

該当発震の時期については10/26に発生した福島県沖を震源とするM7.1を第一完結点とした下の発震を起点とし、
おおむね3ヶ月以内となることから、現在以降2014年1月中までの間をひとつの目安とすることが出来ます。

2013/10/22 23:43 新潟県中越地方 M2.6 震度3

第二完結点として発生が予想される地震についての概要は次の通りです。

■震源地:東北地方(~北海道東部)太平洋側海域
※311震源域の北端に位置する地域、

または三陸沖や福島県はるか東方沖などの日本海溝よりも東側を震源とするアウターライズ地震のいずれかまたは両件の可能性。

■規模:M7.9~M9.2
■最大震度:5強~6弱~6強

■警戒期間:現在以降~2014年1月中~3月中

▲該当規模による地震が発生した際には東北地方をはじめ、北海道地方から四国地方の
太平洋側沿岸部を中心に広範囲にわたる津波の発生が予想されます。
特に北海道から関東地方にかけての沿岸部については大津波警報の発令が予想されます。
極度の強い揺れや、震度5弱程度の揺れでもゆったりとした長周期的な揺れを感じた場合は至急50メートル以上の高台(※)に避難して下さい。
(※)事前に高台のある場所と生活圏からの避難経路の再確認を行って下さい。

 



  • [16]
  • 岩手県【1ヶ月・震度4・注意】

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年12月 8日(日)08時07分28秒
 

現在、岩手県(全域対象)ではM4クラス半ば以上の第一完結点発震に対応する事が予想される起点が一件発生しています。

2013/11/28 18:39 岩手県内陸南部 M3.0 震度1

予想される第一完結点発震の概要は次の通りです。

■震源地:岩手県内陸(沿岸)部(または沿岸にほど近い海域(岩手県沖))
■規模:M5.2±0.3
■最大震度:4(~5弱)
■注意期間:上記起点以降の岩手県(全域対象)を震源とする有感発震のみを数えておおむね6発震目が経過するまでの間。
□有感履歴:-#6 2013/11/2(起点起算)
※既に1発震経過
2013/12/7 22:14 岩手県沖 M3.8 震度1

★目安・・・約1ヵ月間

 

これまでの震度進行などから最大震度は4と予想されますが、

震源が内陸部かつ規模が予想値上限となった場合の最大震度は5弱となる可能性があります。

念のため強めの揺れにご留意下さい。



  • [15]
  • 東北地方注意情報

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年11月22日(金)01時38分16秒
 

東北地方全域において、現在M5クラス半ば以上の発震の恐れがあります。

東北地方における震度進行、マグニチュード分布ならびに震源の深さの推移に「高M値発震前兆」と考えられる特徴が見られる中、
M5クラス以上の第一完結点発震に対応する事が予想される起点が一件発生しています。

2013/11/21 20:50 宮城県沖 M3.0 震度1

この起点に対する第一完結点として予想される発震概要は次の通りです。


■震源地:東北地方全域対象
※岩手県沖、宮城県沖、福島県沖、三陸沖のいずれかの可能性。
■規模:5.9±0.4
■最大震度:4~5弱~5強
■注意期間:現在以降の東北地方を震源とする有感地震のみを数えておおむね5発震目(+#5)が経過するまでの間。
□有感履歴:-#5 2013/11/18(-#10 2013/11/16)
■目安・・・約1週間

地震の規模から推測して海域震源が有力と考えますが、あくまでも東北地方全域を対象とした傾向によるものです。
岩手県、宮城県、福島県を中心とする内陸部震源よる発震についても充分な注意が必要です。

※三陸沖、または10/26に発生したM7.1震源域による余震の場合、最大震度は3となるものと予想されます。

※最大震度は該当規模による発震の際に予想される目安値です。



  • [14]
  • 福島県沖【2week・震度5弱・注意】

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年11月18日(月)07時32分14秒
 

現在、福島県沖ではマグニチュードの分布に上昇傾向が見られる中、
M5クラス以上の第一完結点発震に対応する事が予想される起点が一件発生しています。

2013/11/6 10:38 福島県沖 M3.3 震度1

予想される第一完結点発震の概要は次の通りです。

■震源地:福島県沖
■規模:M6.0±0.3
■最大震度:4~5弱
■注意期間:現在以降の福島県沖を震源とする有感発震のみを数えておおむね5発震目が経過するまでの間
□有感履歴:-#5 2013/11/7
□目安・・・約2週間

※最大震度は該当規模による発震の際に予想される目安値です。
※隣接する周辺震源地からの発震となる場合があります。

※10/26に発生したM7.1震源域による余震の場合、最大震度は3となるものと予想されます。



  • [13]
  • 福島県沖の表記について

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年11月 7日(木)00時29分8秒
 

東北地方太平洋側海域震源地区分において、沿岸に接する震源は青森県東方沖、岩手県沖、宮城県沖、福島県沖の4震源地がありますが、
このうち福島県沖のみ東西に幅広く、他の3震源地よりも広範囲となっています。
東側に位置する地域においては三陸沖と同等の経度となっています。

このことから福島県沖については2分割し、『福島県沖』『福島県はるか東方沖(または福島県東方沖)』の各名称を適時使い分けて表現いたします。
尚、事後の確定、検証の際に気象庁の地震情報などとの整合性を保つため、

震源の予測に関する表記についてはこれまで通り『福島県沖』の名称を統一使用いたします。

 

■上図・・・本来の区割り

■下図・・・kyoto-HM独自の区割り



  • [12]
  • [11]に関する続報

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年11月 6日(水)23時53分31秒
 
注意期間内において次のような有感地震がありました。

2013/11/1 0:01 宮城県沖 M5.0 震度3

この発震は、現在確認できる高M値領域への複数ラインのうちのひとつの完結点となりますが、
更に高M値領域へと推移進行するものと思われるラインがあり、
その先端領域は現在M5クラス後半を超え、既にM6クラス前半領域に差し掛かっています。

発震を前提とした注意期間は今後の東北地方を震源とする有感地震のみを数えておおむね10発震以内、
目安として今後5日間程度となります。

三陸沖や福島県はるか東方沖といった遠方海域が震源となる場合、最大震度は3程度で収まるものと予想されますが、
青森県東方沖、岩手県沖、宮城県沖、福島県沖など陸側に近い震源となりますと
最大震度は5弱から5強を想定する必要があります。

東北地方太平洋側沿岸部の方々を中心に、念のため一週間程度、強い揺れに対し引き続き注意を継続して下さい。


  • [11]
  • 東北地方震度5弱注意情報

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年10月30日(水)17時23分41秒
 

東北地方におけるマグニチュード分布状況から、M5クラス後半程度の発震の可能性があります。

これは、福島県沖M7.1の余震や誘発による近隣周辺を震源とするものと考えられ、

震源がM7.1の震源に近い遠方海域の場合は最大震度も2程度で収まりますが、
万一陸に近い海域が震源となった場合、最大震度5弱程度の揺れを観測する地域があるかもしれません。

今後の東北地方を震源とする発震のみを数えておおむね5発震目が経過するまでの間、
目安として3日間程度、強めの揺れに対する注意が必要です。



  • [10]
  • 起点情報

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年 9月 8日(日)22時17分58秒
 
現在、東北地方固有の起点(暫定)が1件発生しています。

2013/9/8 3:14 岩手県内陸北部 M2.1 震度1

予想される第一完結点の規模はM5クラスで最大震度は4前後と思われます。

◆上記起点発震以降の東北地方を震源とする有感発震のみを数えておおむね8発震目が経過するまでの間。
※目安・・・5日間以内
※既に1件発震済みです。
#1 2013/9/8 21:16 宮城県沖 M4.0 震度1
※M4.0を上回っておりますが、更に規模を上げての発震にご留意下さい。

  • [9]
  • 岩手県沖【1ヶ月・震度4・参考】

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年 9月 1日(日)11時31分51秒
 
岩手県沖を震源とする発震について、規模がM4クラス後半~M5クラス半ば程度(震度は最大で4)の有感地震が
連続的または数日間の内にまとまって発生するといった事象が予想されます。

※M5クラス(震度4)を最大値とする発震に対する前震や余震(いずれも震度3以下)といったタイプの事象が考えられます。
※目安は今後1ヶ月以内となります。

  • [8]
  • 福島県【3days・震度4・参考】

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年 8月31日(土)23時37分36秒
 
現在、福島県(全域対象)を震源とするM4クラス後半程度の第一完結点発震に対応する事が予想される起点が一件発生しています。

2013/8/30 17:54 福島県会津 M2.2 震度1

予想される第一完結点発震の概要は次の通りです。

■震源地:福島県(全域対象)
■規模:M4.8±0.2
■最大震度:3(~4)
■注意期間:2013/8/31 23:30以降の福島県(全域対象)を震源とする有感発震のみを数えておおむね4発震目が経過するまでの間
□有感履歴:-#4 2013/8/29

※最大震度は該当規模による発震の際に予想される目安値です。
※隣接する周辺震源地からの発震となる場合があります。

  • [7]
  • 宮城県沖【1week・震度4・注意】

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年 8月31日(土)22時22分18秒
 
現在、宮城県沖を震源とする最大震度4の発震の可能性があります。
マグニチュード分布に小規模な『弧状分布』が見られ、
その中心点領域がおおむねM5クラス前半領域に差し掛かりつつあり、
8/4に発生したM6.0の最大余震が予想されます。

発震予測情報は次の通りです。

■震源地:宮城県沖
■規模:M5.4±0.2
■最大震度:4
■注意期間:2013/8/31 22:20以降の宮城県沖を震源とする有感発震のみを数えておおむね5発震目が経過するまでの間
□有感履歴:-#5 2013/8/26

※最大震度は該当規模による発震の際に予想される目安値です。
※隣接する周辺震源地からの発震となる場合があります。

  • [6]
  • 東北地方内陸部について【参考情報】

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年 8月27日(火)08時01分12秒
 
[3]に挙げたマグニチュード分布の上昇傾向についてはその後の分布状況から
「上昇」ではなく「螺旋推移の最狭部」であることがわかりました。
これは、螺旋のうねりを側面から見た際の「一番ねじれた部分」にあたり、
その後再び広がりを見せつつ推移して現在に至っております。

このような現状の中、M4クラス以上の第一完結点に対応する起点となる事が予想される発震が1件発生しています。

2013/8/26 11:37 福島県会津 M2.2 震度1

このことから、今後おおむね2週間程度以内を目処にM4クラス半ば程度の発震が予想され、
これまでの震度進行の状況から最大震度は3ないし4と予想されます。

震源については福島県浜通りや福島県会津などが有力ですが、
参考として秋田県内陸南部震源によりM4.8で最大震度5弱を観測している事例があります。

  • [5]
  • 三陸沖について【参考】

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年 8月13日(火)10時53分44秒
 
三陸沖震源にて発生するM6クラス(またはそれ以上)の有感地震について、その発震周期を近く迎えることが予想されます。

◆発生時期の目安
これまでの三陸沖の発震ペースから推測し、今後おおむね一ヶ月以内。

◆予想される発生の規模と最大震度
M6.2±0.2(震度3(~4))

◆注意点
三陸沖震源発震に伴い誘発される、隣接する震源(※)によるM5クラス後半以上(震度5弱程度)の発震に対する注意が必要です。
(※)北海道太平洋側海域各震源(特に浦河沖、十勝沖、釧路沖)、青森県東方沖、岩手県沖、宮城県沖、福島県沖など。

  • [4]
  • 起点情報(参考)

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年 8月13日(火)10時22分15秒
 
現在、起点(暫定)が1件発生しています。

2013/8/13 2:51 福島県会津 M2.5 震度1

予想される第一完結点の規模はM5.3±0.2で最大震度は3~4と思われます。

◆上記起点発震以降の東北地方を震源とする有感発震のみを数えておおむね10発震目が経過するまでの間。
※目安・・・48時間以内
※既に2件発震済みです。
#2 2013/8/13 10:01 宮城県沖 M4.3 震度2
#1 2013/8/13 4:55 福島県浜通り M3.5 震度1
※#2についてはM4.0を上回っておりますが、更に規模を上げての発震にご留意下さい。

  • [3]
  • 東北地方内陸部について【参考情報】

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年 7月25日(木)16時58分32秒
 
東北地方内陸部では、7/10に岩手県沿岸北部M5.0が、
また、7/23には福島県浜通りM5.2(いずれも最大震度は4)とM5クラスの有感地震が2件集中的に発生いたしましたが、
東北地方内陸部震源全体を対象とするマグニチュード分布には現在も上昇傾向が見られます。
このことから、引き続きM4クラス半ば~M5クラス半ば前後程度までの有感地震が発生する可能性が高い状態にあります。

[1]情報との連動性、関連性については不明ですが、
福島県浜通りや岩手県沿岸北部(及び各隣接震源地)、秋田県内陸部や山形県~福島県会津などを中心に、
震度4程度の揺れに対する注意の継続が必要です。


  • [2]
  • 宮城県沖【3days・震度4・注意】

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年 7月25日(木)16時26分51秒
 
現在、震度4の発震の可能性があります。
マグニチュード分布に小規模な『弧状分布』が見られ、
その中心点領域がおおむねM5クラス前半領域に差し掛かりつつある中、
起点と疑わしき発震が1件発生しています。

2013/7/24 1:49 宮城県沖 M3.0 震度1

この起点(暫定)に対する第一完結点発震予測情報は次の通りです。

■震源地:宮城県沖
■規模:M5.1±0.3
■最大震度:3~4
■注意期間:2013/7/25 16:20以降の宮城県沖を震源とする有感発震のみを数えておおむね3発震目(+#2)が経過するまでの間
□有感履歴:-#3 2013/7/24(-#5 同7/22)

※最大震度は該当規模による発震の際に予想される目安値です。
※隣接する周辺震源地からの発震となる場合があります。

  • [1]
  • 注意情報(東北全域-0001)

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2013年 7月22日(月)00時21分22秒
 
現在、東北地方太平洋側海域を震源とするM6(~M7)クラスの有感地震が発生する恐れが高まりつつあります。

3.11震源域(三陸沖、青森県東方沖、岩手県沖、宮城県沖、福島県沖の5震源地)を対象とするマグニチュード分布データにおいて、
5/18に発生した福島県沖M5.9以降、緩やかなカーブを描きつつ三日月型分布にて推移して参りましたが
まもなくその推移の最終段階に差し掛かることが予想されます。

分布図を参照

三日月型分布の湾曲スケール、M分布上低M値側へのせり出し度合いなどから推測し、
おおむねM6クラス前半程度の発震が予想されますが、
震度の推移進行上最大震度が4~5弱となることが考えられ、
時期的に三陸沖震源によるM6クラス半ば以上の発震時期が近付きつつある点を考慮し、
三陸沖が震源となる事を想定した場合の規模はおおむねM6クラス後半~M7クラス前半となります。

当地域における顕著な起点発震は現在のところ未確認ですが、
今後約1ヶ月間以内を目処に何らかの結果を伴うことが予想されます。

該当地域の皆様におかれましては念のため震度5弱程度の揺れにご注意下さい。

■震源地: 三陸沖(または隣接する青森県東方沖や岩手県沖などの周辺震源地)
■規模: M6.1±0.2(またはM6.9±0.3(三陸沖震源に限る))
■最大震度: 3~4~5弱
■注意期間: 今後の三陸沖、青森県東方沖、岩手県沖、宮城県沖、福島県沖の5震源地を震源とする有感発震のみを数えて
おおむね15発震目が経過するまでの間
□目安: 2週間(+2週間)

★万一この情報による該当発震に至った際には津波情報にご留意下さい。

★その後のM8~9クラスアウターライズ地震(または3.11最大余震)に関する情報発信に充分ご留意下さい。