投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
*投稿パスワード HM専用スレッドです。
sage

  • [239]
  • 中部地方

  • 投稿者:kyoto-HM
  • 投稿日:2017年 3月 5日(日)15時53分52秒
 
今現在、M5.3程度の完結点に対応すると思われる起点が出ている。
これはさておき、当地方における震度3以上地震のデータにおいて、
二重螺旋の両軸が重なり合うタイミングが近付いている事が覗える。
この際に起こるのが、平常時のスパイラルダイナミックレンジトップよりも増長される現象、
つまりひとつの地震活動における“本震”が発生する事になる。
※前震は重なり合う一歩手前の過程において発生する地震。
※余震は重合が解放されて二軸に戻る際にそれぞれの軸上で発生する地震。
※最大余震は本震後に分離しつつ低下する二軸が再び上昇に転じ、本震時に次いで重なり合う瞬間に発生する地震。
※その後二重螺旋の二軸は完全に分離しつつ推移を続け、平常時の軌道へと戻ることになる。