投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
*投稿パスワード HM専用スレッドです。
sage

  • [248]
  • M9.0近い地震(M8.7±0.2)の恐れあり。

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年 3月 6日(月)11時40分49秒
 
これは海域震源震度4以上のデータに表れており、陸域についてもデータ上M7クラス地震の恐れが緊迫している。
この二つがほぼ同期して発生するという事は2011年のM9.0東北地方太平洋沖地震によってもたらされる海溝東側のアウターライズ地震、
あるいは東海から南海までの連動地震、あるいは2015年5月の小笠原諸島西方沖でのM8.1地震のような極めて深い震源地震以外には考えにくい。

東海~南海については伊豆諸島に出ている強烈な事象W3以外特に目立った兆候が出ておらず、
極めて深い地震を考えた場合にも、ここまで陸域データにまでリアルにM7クラスの兆候が出てくるとは考えにくく、
東日本の太平洋側はるか遠方の海域を震源とするアウターライズ地震の可能性が高いと言える。
一方、震度的に見るとすでに震度6強以上となる地震の兆候が明確に出ているため、
アウターライズ地震ではなくM9.0震源域の南端以南、あるいは北端以北の広大な範囲が震源域となるような地震といった事も考えられるが、
第一想定としては・・・

東北地方太平洋遥か沖合を震源とするM8クラス半ば~後半程度のアウターライズ地震(震度5強~6弱)が発生し、
太平洋プレートが一気に潜り込もうとする力に影響を受けて北米プレート上の陸域=東日本圏内のどこかでM7クラス前半~半ばの地震が発生し、この地震により震度6強(~7)を観測する・・・

といった流れが考えられる。

いずれにしても東日本(糸魚川静岡ライン以東)にお住まいの方々は念入りに強震対策を講じられ、
太平洋側沿岸地域に関係のある方々については津波に対しても充分に警戒していただきたい。