• [0]
  • ☆【分析コメント】

  • 投稿者:kyoto-HM
 

分析上感じた事をコメントとして随時投稿しています。

北海道震災東北津波岩手県震災東京湾震災伊豆震災
信越震災大分県震災九州津波東海・東南海・南海
コメントテロップ||用語解説INDEX||災害時緊急伝言板

投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
*投稿パスワード HM専用スレッドです。
sage

  • [309]
  • データの取り込みはこれからだが・・・

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年10月 6日(金)20時19分11秒
 
福島県沖でM6.0。最大震度は2。
先月27日の岩手県沖もM6.0。ただし最大震度は4。
更に遡り9月21日には三陸沖でM5.9。震度は2。
この三陸沖も、本日の福島県沖もアウターライズ領域を震源としている。

いずれも東北地方太平洋海域。
規模が0.1違いのM6.0とM5.9。
いずれも最大震度は2。
いずれもアウターライズ領域。

まだデータを入れていないのでなんとも言えないが、
二重螺旋の2ラインが万一重なればM値は突出的に増幅される事になる。
東北地方ではこの両ラインがここ数ヶ月ぎりぎりスレスレの状態で推移進行の真っ只中。

絶対に重なるなよ。。

  • [308]
  • 留意

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年10月 4日(水)12時00分41秒
 
また少し大き目の規模の地震がありそうな気配。
M分布ならびに震源の深さ分布に軽く兆候が出ている。

全国全データによるもので、結果は海外震源による地震も含まれるために参考扱いとなるが、
海外震源の場合は原則的にM7.0以上(M7.0未満でも被害が甚大など特筆性の高い場合の公式掲載分を含む)、
国内の場合M6クラス前半~半ば程度となるが、これについてもはるか遠方海域震源により観測される震度が1といったものも含まれる。

過日のXフレアの影響(第二弾)が出始める(と思われる)頃でもあり、
また、明後日6日の早朝には満月を迎え、トリガー材料と成りうる。

この2、3日は普段にも増して世界の地震動向に留意する必要がある。

  • [307]
  • M6クラス以上の地震に注意

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年 8月21日(月)10時31分5秒
 
特筆すべき地震の発生が極近いものと思われる。
※“特筆すべき地震”には、M値がさほど大きくなくても震度5弱以上といった大きな震度を観測するような地震を含む。

現状のままストレートに推移するとM6クラス以上の地震となるだろうが、
これまでの震源地域の推移状況から、東日本または九州~沖縄地方のいずれかと予想される。
仮にM7クラス(またはそれ以上)であった場合、この地震が海外を震源としたものであり、
日本国内に直接的な影響が生じない地震の可能性も含まれる。

ただしこの場合においても、前後して発生するであろう国内を震源とする特筆すべき地震がM6.0前後以上となる可能性がある。

いずれにせよ前述地域、中でも昨今頻繁に地震が発生しているような地域を中心に、
強めの揺れに注意しておく必要がある。


  • [306]
  • 検証総括

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年 7月18日(火)21時45分12秒
 
いずれの事例も特別警報発表日の前後7日間(=1週間)以内において震度5弱以上を観測する地震の発生が見られる。
着目すべき点は、発表日の“前”、あるいは“後”といった括りでの偏りは見られず、発生タイミングがまちまちである点だ。

・特別警報と震度5弱以上の地震には、ある一定の相関性が認められる
・特別警報の発表と地震発生のタイミングは7日以内と近接するものの、事象相互の先行については定まったパターンが存在しない

これらの点から、それぞれは相関的に発生するものの、特別警報級の気象が地震を引き起こしている訳ではなく、
あるいはその逆に、地震が特別警報級の気象を引き起こしている訳では無いという事が考えられる。

総合的にまとめると、『気象も地震も単なる“結果”に過ぎない』という事を強く示唆するものであり、
気象、地震共に『共通する“特別なシナリオ”を以て発生に至る』 と、おおむね結論付ける事が出来よう。

-----
【参考】
当方ではかねてから『物体X論』を仮説提唱しているが、物体X(電磁波的な事象と思われる)が地中で繰り広げる勢力の強弱や活動範囲、
活動パターンなどに起因し、大気中では特別警報級の気象状況下が誘発、形成され、
また、地中では震度5弱以上となるような地震の発生が促されているのではないだろうか。

  • [305]
  • 検証結果一覧

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年 7月18日(火)21時22分56秒
 
【1】から【7】の全事例について、検証の結果を一覧として記す。

【1】2013/9/16
警報種別:大雨
対象地域:京都府・滋賀県・福井県
2013/09/20(★~4) M5.8 -20km 震度5強 福島県浜通り

【2】2014/7/7~7/9
警報種別:暴風・波浪・高潮
対象地域:沖縄県
2014/07/08(★) 18:05 M5.8 ---km 震度5弱 石狩地方南部
2014/07/05(2~★) M5.8 -50km 震度5弱 岩手県沖


【3】2014/8/9
警報種別:大雨
対象地域:三重県
2014/08/10(★~1) M6.1 -50km 震度5弱 青森県東方沖

【4】2014/9/11
警報種別:大雨
対象地域:北海道石狩、空知、胆振
2014/09/16(★~5) M5.6 -50km 震度5弱 茨城県南部

【5】2015/9/10~9/11
警報種別:大雨
対象地域:栃木県・茨城県・宮城県
2015/09/12(★~1) M5.3 -70km 震度5弱 東京湾

【6】2016/10/3~10/4
警報種別:暴風・波浪・高潮・大雨
対象地域:沖縄県
2016/09/26(7~★) M5.7 -40km 震度5弱 沖縄本島近海

【7】2017/7/5~7/6
警報種別:大雨
対象地域:島根県西部・福岡県・大分県
2017/07/11(★~5) M5.2 -10km 震度5強 鹿児島湾
2017/07/02(3~★) M4.5 -10km 震度5弱 熊本県阿蘇地方
2017/07/01(4~★) M5.3 -30km 震度5弱 胆振地方中東部



時刻省略の上、特別警報発表日との日差を記載
例1:(3~★)→★印が特別警報日でその3日前に当該地震が発生した。
例2:(★~3)→★印が特別警報日でその3日後に当該地震が発生した。

  • [304]
  • 事例【7】

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年 7月10日(月)08時39分48秒
 
【7】
発表年月日:2017/7/5(~7/6)
特別警報名:大雨
対象地域:島根県西部・福岡県・大分県
平成29年7月九州北部豪雨(ページなし)
★島根県浜田市で7月の降雨量として観測史上最多となる365.5㎜の猛烈豪雨観測
死者数:16人(7/8正午現在)

■発表日の前後の地震一覧(最大震度5弱以上)
2017/07/02 00:58 M4.5 -10km 震度5弱 熊本県阿蘇地方
2017/07/01 23:45 M5.3 -30km 震度5弱 胆振地方中東部

2017/06/25 07:02 M5.7 ---km 震度5強 長野県南部
2017/06/20 23:27 M5.0 -40km 震度5強 豊後水道
2017/02/28 16:49 M5.6 -50km 震度5弱 福島県沖
2016/12/28 21:38 M6.3 -10km 震度6弱 茨城県北部
2016/11/22 05:59 M7.4 -10km 震度5弱 福島県沖
2016/10/21 14:07 M6.6 -10km 震度6弱 鳥取県中部
2016/09/26 14:20 M5.7 -40km 震度5弱 沖縄本島近海
2016/08/31 19:46 M4.9 -10km 震度5弱 熊本県熊本地方
2016/07/27 23:47 M5.3 -50km 震度5弱 茨城県北部

※添付図なし

  • [303]
  • 事例【6】

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年 7月10日(月)08時28分36秒
 
【6】
発表年月日:2016/10/3~10/4
特別警報名:暴風・波浪・高潮・大雨
対象地域:沖縄県
平成28年台風第18号
死者数:なし

■発表日の前後の地震一覧(最大震度5弱以上)
2017/07/02 00:58 M4.5 -10km 震度5弱 熊本県阿蘇地方
2017/07/01 23:45 M5.3 -30km 震度5弱 胆振地方中東部
2017/06/25 07:02 M5.7 ---km 震度5強 長野県南部
2017/06/20 23:27 M5.0 -40km 震度5強 豊後水道
2017/02/28 16:49 M5.6 -50km 震度5弱 福島県沖
2016/12/28 21:38 M6.3 -10km 震度6弱 茨城県北部
2016/11/22 05:59 M7.4 -10km 震度5弱 福島県沖
2016/10/21 14:07 M6.6 -10km 震度6弱 鳥取県中部
2016/09/26 14:20 M5.7 -40km 震度5弱 沖縄本島近海
2016/08/31 19:46 M4.9 -10km 震度5弱 熊本県熊本地方
2016/07/27 23:47 M5.3 -50km 震度5弱 茨城県北部
2016/06/16 14:21 M5.3 -10km 震度6弱 内浦湾
2016/06/12 22:08 M4.3 -10km 震度5弱 熊本県熊本地方
2016/05/16 21:23 M5.6 -40km 震度5弱 茨城県南部
2016/04/29 15:09 M4.4 -10km 震度5強 大分県中部
2016/04/19 20:47 M4.9 -10km 震度5弱 熊本県熊本地方
2016/04/19 17:52 M5.5 -10km 震度5強 熊本県熊本地方
2016/04/18 20:42 M5.8 -10km 震度5強 熊本県阿蘇地方
2016/04/16 16:02 M5.3 ---km 震度5弱 熊本県熊本地方

  • [302]
  • 事例【5】

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年 7月10日(月)08時12分23秒
 
【5】
発表年月日:2015/9/10~9/11
特別警報名:大雨
対象地域:栃木県・茨城県・宮城県
平成27年9月関東・東北豪雨
平成27年台風第18号
死者数:8名(同年10月5日現在)

■発表日の前後の地震一覧(最大震度5弱以上)
2016/04/16 01:46 M6.0 -20km 震度6弱 熊本県熊本地方
2016/04/16 01:44 M5.3 -10km 震度6弱 熊本県熊本地方
2016/04/16 01:25 M7.3 -10km 震度7   熊本県熊本地方
2016/04/15 01:53 M4.8 -10km 震度5弱 熊本県熊本地方
2016/04/15 00:03 M6.4 -10km 震度6強 熊本県熊本地方
2016/04/14 22:38 M5.0 -10km 震度5弱 熊本県熊本地方
2016/04/14 22:07 M5.7 -10km 震度6弱 熊本県熊本地方
2016/04/14 21:26 M6.5 -10km 震度7   熊本県熊本地方
2016/01/14 12:25 M6.7 -50km 震度5弱 浦河沖
2016/01/11 15:26 M4.5 -10km 震度5弱 青森県三八上北地方
2015/09/12 05:49 M5.3 -70km 震度5弱 東京湾
2015/07/13 02:52 M5.7 -60km 震度5強 大分県南部
2015/07/10 03:33 M5.8 -90km 震度5弱 岩手県沿岸北部
2015/06/04 04:34 M5.0 ---km 震度5弱 釧路地方中南部
2015/05/30 20:23 M8.1 590km 震度5強 小笠原諸島西方沖
2015/05/25 14:28 M5.6 -50km 震度5弱 埼玉県北部
2015/05/22 22:28 M5.1 -20km 震度5弱 奄美大島近海
2015/05/13 06:12 M6.6 -50km 震度5強 宮城県沖
2015/02/17 13:46 M5.7 -50km 震度5強 岩手県沖
2015/02/06 10:25 M5.0 -10km 震度5強 徳島県南部
2014/11/22 22:37 M4.3 -10km 震度5弱 長野県北部

  • [301]
  • 事例【4】

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年 7月10日(月)07時57分51秒
 
【4】
発表年月日:2014/9/11
特別警報名:大雨
対象地域:北海道石狩、空知、胆振
死者数:なし

■発表日の前後の地震一覧(最大震度5弱以上)
2015/07/10 03:33 M5.8 -90km 震度5弱 岩手県沿岸北部
2015/06/04 04:34 M5.0 ---km 震度5弱 釧路地方中南部
2015/05/30 20:23 M8.1 590km 震度5強 小笠原諸島西方沖
2015/05/25 14:28 M5.6 -50km 震度5弱 埼玉県北部
2015/05/22 22:28 M5.1 -20km 震度5弱 奄美大島近海
2015/05/13 06:12 M6.6 -50km 震度5強 宮城県沖
2015/02/17 13:46 M5.7 -50km 震度5強 岩手県沖
2015/02/06 10:25 M5.0 -10km 震度5強 徳島県南部
2014/11/22 22:37 M4.3 -10km 震度5弱 長野県北部
2014/11/22 22:08 M6.8 -10km 震度6弱 長野県北部
2014/09/16 12:28 M5.6 -50km 震度5弱 茨城県南部
2014/09/03 16:24 M5.2 -10km 震度5弱 栃木県北部
2014/08/10 12:43 M6.1 -50km 震度5弱 青森県東方沖
2014/07/08 18:05 M5.8 ---km 震度5弱 石狩地方南部
2014/07/05 07:42 M5.8 -50km 震度5弱 岩手県沖
2014/05/05 05:18 M6.2 160km 震度5弱 伊豆大島近海
2014/03/14 02:06 M6.1 -80km 震度5強 伊予灘
2013/12/31 10:03 M5.4 -10km 震度5弱 茨城県北部
2013/11/10 07:37 M5.5 -70km 震度5弱 茨城県南部
2013/09/20 02:25 M5.8 -20km 震度5強 福島県浜通り
2013/08/04 12:28 M6.0 -50km 震度5強 宮城県沖

  • [300]
  • 事例【3】の平成26年8月豪雨について

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年 7月10日(月)07時46分29秒
 
以下はウィキペディア内の文献より抜粋した。
-----
平成26年8月豪雨による広島市の土砂災害

死者74人(その他に関連死が3人)という数は、国土交通省の発表によると土砂災害による人的被害としては過去30年間の日本で最多であり、
1983年7月に島根県西部で87人が死亡・行方不明となった豪雨(昭和58年7月豪雨)による土砂災害以来の大きな人的被害となった。
-----
この文献によると、1983年には今回よりも死者数が上回る豪雨災害があったとの事から、
この、1983年とその前後の地震事情についても検証を行った。
検証の結果は次の通り。

■1983年とその前後10年間における震度5以上の地震一覧
1993/08/08 04:42 M6.3 震度5 北海道南西沖
1993/07/12 22:17 M7.8 震度5 北海道南西沖
1993/05/17 17:39 M4.1 震度5 西表島付近
1993/02/07 22:27 M6.6 震度5 能登半島沖
1993/01/15 20:06 M7.5 震度6 釧路沖
1992/11/18 02:40 M4.4 震度5 西表島付近
1992/10/20 16:42 M3.7 震度5 西表島付近
1992/10/20 16:18 M5.0 震度5 西表島付近
1992/10/14 13:15 M4.9 震度5 西表島付近
1992/06/15 10:46 M5.2 震度5 新島・神津島近海
1992/02/02 04:04 M5.7 震度5 東京湾
1989/03/06 23:39 M6.0 震度5 千葉県東方沖
1987/12/17 11:08 M6.7 震度5 千葉県東方沖
1987/04/30 10:10 M5.2 震度5 奄美大島近海
1987/04/23 05:13 M6.5 震度5 福島県沖
1987/04/07 09:40 M6.6 震度5 福島県沖
1987/03/18 12:36 M6.6 震度5 日向灘
1987/02/06 22:16 M6.7 震度5 福島県沖
1987/01/14 20:03 M6.6 震度5 十勝地方南部
1987/01/09 15:14 M6.6 震度5 岩手県沿岸北部
1986/11/22 14:13 M3.9 震度5 伊豆大島近海
1986/11/22 11:46 M4.0 震度5 伊豆大島近海
1986/11/21 17:12 M5.1 震度5 伊豆大島近海
1986/11/21 17:09 M5.1 震度5 伊豆大島近海
1985/10/04 21:25 M6.0 震度5 茨城県南部
1984/08/06 17:38 M5.0 震度5 橘湾
1983/10/03 22:33 M6.2 震度5 三宅島近海
1983/05/26 11:59 M7.7 震度5 秋田県沖
1982/03/21 11:32 M7.1 震度6 浦河沖
1981/01/23 13:58 M6.9 震度5 浦河沖
1980/06/29 16:20 M6.7 震度5 伊豆半島東方沖
1978/06/12 17:14 M7.4 震度5 宮城県沖
1978/02/20 13:36 M6.7 震度5 宮城県沖
1978/01/14 12:24 M7.0 震度5 伊豆大島近海
1975/01/23 23:19 M6.1 震度5 熊本県阿蘇地方
1974/11/09 06:23 M6.3 震度5 苫小牧沖
1974/05/09 08:33 M6.9 震度5 駿河湾
1973/06/24 11:43 M7.1 震度5 根室半島南東沖
1973/06/17 22:33 M5.7 震度5 釧路沖
1973/06/17 12:55 M7.4 震度5 根室半島南東沖

この約20年間において最大規模の地震は1993年の北海道南西沖M7.8だが、
これに続く大規模地震、秋田県沖M7.7の発生年度が1983年であることに注目されたし

以下は余談となるが、上記データのうち次の地震では高M値地震の直前にて極低M値地震が発生していた。
1993/07/12 22:17 M7.8 震度5 北海道南西沖
1993/05/17 17:39 M4.1 震度5 西表島付近
1993/02/07 22:27 M6.6 震度5 能登半島沖
1993/01/15 20:06 M7.5 震度6 釧路沖
1992/11/18 02:40 M4.4 震度5 西表島付近
1992/10/20 16:42 M3.7 震度5 西表島付近


このような一連の推移を以て1995年の阪神大震災へと繋がる事になったものと推測される。

  • [299]
  • 事例【3】

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年 7月10日(月)07時05分50秒
 
【3】
発表年月日:2014/8/9
特別警報名:大雨
対象地域:三重県
平成26年台風第11号
平成26年台風第12号
平成26年8月豪雨
死者数:84人

■発表日の前後の地震一覧(最大震度5弱以上)
2015/05/30 20:23 M8.1 590km 震度5強 小笠原諸島西方沖
2015/05/25 14:28 M5.6 -50km 震度5弱 埼玉県北部
2015/05/22 22:28 M5.1 -20km 震度5弱 奄美大島近海
2015/05/13 06:12 M6.6 -50km 震度5強 宮城県沖
2015/02/17 13:46 M5.7 -50km 震度5強 岩手県沖
2015/02/06 10:25 M5.0 -10km 震度5強 徳島県南部
2014/11/22 22:37 M4.3 -10km 震度5弱 長野県北部
2014/11/22 22:08 M6.8 -10km 震度6弱 長野県北部
2014/09/16 12:28 M5.6 -50km 震度5弱 茨城県南部
2014/09/03 16:24 M5.2 -10km 震度5弱 栃木県北部

2014/08/10 12:43 M6.1 -50km 震度5弱 青森県東方沖
2014/07/08 18:05 M5.8 ---km 震度5弱 石狩地方南部
2014/07/05 07:42 M5.8 -50km 震度5弱 岩手県沖

2014/05/05 05:18 M6.2 160km 震度5弱 伊豆大島近海
2014/03/14 02:06 M6.1 -80km 震度5強 伊予灘
2013/12/31 10:03 M5.4 -10km 震度5弱 茨城県北部
2013/11/10 07:37 M5.5 -70km 震度5弱 茨城県南部
2013/09/20 02:25 M5.8 -20km 震度5強 福島県浜通り
2013/08/04 12:28 M6.0 -50km 震度5強 宮城県沖
2013/05/18 14:47 M5.9 -50km 震度5強 福島県沖
2013/04/17 21:03 M5.8 -60km 震度5弱 宮城県沖

  • [298]
  • 事例【2】

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年 7月10日(月)06時36分35秒
 
【2】
発表年月日:2014/7/7~7/9
特別警報名:暴風・波浪・高潮
対象地域:沖縄県
平成26年台風第8号
死者数:3人

■発表日の前後の地震一覧(最大震度5弱以上)
2015/05/25 14:28 M5.6 -50km 震度5弱 埼玉県北部
2015/05/22 22:28 M5.1 -20km 震度5弱 奄美大島近海
2015/05/13 06:12 M6.6 -50km 震度5強 宮城県沖
2015/02/17 13:46 M5.7 -50km 震度5強 岩手県沖
2015/02/06 10:25 M5.0 -10km 震度5強 徳島県南部
2014/11/22 22:37 M4.3 -10km 震度5弱 長野県北部
2014/11/22 22:08 M6.8 -10km 震度6弱 長野県北部
2014/09/16 12:28 M5.6 -50km 震度5弱 茨城県南部
2014/09/03 16:24 M5.2 -10km 震度5弱 栃木県北部
2014/08/10 12:43 M6.1 -50km 震度5弱 青森県東方沖
2014/07/08 18:05 M5.8 ---km 震度5弱 石狩地方南部
2014/07/05 07:42 M5.8 -50km 震度5弱 岩手県沖
2014/05/05 05:18 M6.2 160km 震度5弱 伊豆大島近海
2014/03/14 02:06 M6.1 -80km 震度5強 伊予灘
2013/12/31 10:03 M5.4 -10km 震度5弱 茨城県北部
2013/11/10 07:37 M5.5 -70km 震度5弱 茨城県南部
2013/09/20 02:25 M5.8 -20km 震度5強 福島県浜通り
2013/08/04 12:28 M6.0 -50km 震度5強 宮城県沖
2013/05/18 14:47 M5.9 -50km 震度5強 福島県沖
2013/04/17 21:03 M5.8 -60km 震度5弱 宮城県沖
2013/04/17 17:57 M6.2 -20km 震度5強 三宅島近海

  • [297]
  • 事例【1】

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年 7月10日(月)01時44分41秒
  • 編集済
 
【1】
発表年月日:2013/9/16
特別警報名:大雨
対象地域:京都府・滋賀県・福井県
★特別警報発表第1号
平成25年台風第18号
死者数:2人

■発表日の前後の地震一覧(最大震度5弱以上)
2014/11/22 22:08 M6.8 -10km 震度6弱 長野県北部
2014/09/16 12:28 M5.6 -50km 震度5弱 茨城県南部
2014/09/03 16:24 M5.2 -10km 震度5弱 栃木県北部
2014/08/10 12:43 M6.1 -50km 震度5弱 青森県東方沖
2014/07/08 18:05 M5.8 ---km 震度5弱 石狩地方南部
2014/07/05 07:42 M5.8 -50km 震度5弱 岩手県沖
2014/05/05 05:18 M6.2 160km 震度5弱 伊豆大島近海
2014/03/14 02:06 M6.1 -80km 震度5強 伊予灘
2013/12/31 10:03 M5.4 -10km 震度5弱 茨城県北部
2013/11/10 07:37 M5.5 -70km 震度5弱 茨城県南部
2013/09/20 02:25 M5.8 -20km 震度5強 福島県浜通り
2013/08/04 12:28 M6.0 -50km 震度5強 宮城県沖
2013/05/18 14:47 M5.9 -50km 震度5強 福島県沖
2013/04/17 21:03 M5.8 -60km 震度5弱 宮城県沖
2013/04/17 17:57 M6.2 -20km 震度5強 三宅島近海
2013/04/13 05:33 M6.0 -10km 震度6弱 淡路島付近
2013/02/25 16:23 M6.2 -10km 震度5強 栃木県北部
2013/02/02 23:17 M6.4 120km 震度5強 十勝地方中部
2013/01/31 23:53 M4.7 -10km 震度5弱 茨城県北部
2013/01/28 03:42 M4.9 -70km 震度5弱 茨城県北部
2012/12/07 17:18 M7.3 -10km 震度5弱 三陸沖

  • [296]
  • 結果の公開の前に

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年 7月10日(月)01時18分13秒
 
添付の上の図は今月(2017年7月)に入ってから本日(9日)までの日別発震状況を示した図である。
※添付の下の図は同期間のM分布図。

背景のグレーを白く抜いたところが7月4日ならびに5日に当るが、
その前後の日々の有感地震数に対し、極端に発震が減少している事がわかる。

4日~5日と言えば、この度特別警報が発表された九州島根豪雨とタイミング的にほぼ合致する。
また、全国的に見た場合、その後一旦天候は回復基調となるに伴い、地震回数も元の水準にまで戻った。
更に本日は再び梅雨空に戻ったが、同時に地震の発生回数も激減した事を記しておく。

尚、発震回数的には減少しているものの、それぞれの地震の規模(M値)は他期間のそれよりも総じて大きくなっており、
M分布帯全体の螺旋形状の推移形成にとって何ら不釣り合いな点はなく、
ただ一点考えられるのは、純粋に発生回数の増減のみに留まっている点である事に留意。


*** 続く ***

  • [295]
  • 特別警報と地震

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年 7月10日(月)00時49分0秒
 
今月に入り、九州北部を中心に大雨による特別警報が発表された。
この大雨により福岡、熊本、大分各県では甚大な被害に見舞われ、不幸にも死者を伴う大災害となった。
また、九州から若干距離を置いた島根県においても特別警報が発表され、
同県浜田市で観測された1時間の雨量82.0ミリは観測史上1位の時間雨量記録となった。

熊本県や大分県、そして島根県の隣県である鳥取県といえば、
昨2016年に震度7、あるいは震度6強や6弱といった大変強い揺れを伴う直下型地震に見舞われた地域だ。
今のところ、かろうじて直接の震源にはならずに済んでいるものの、
熊本地震(M7.3)の際には福岡県内でも震度5強を観測していた。

大分県においては、6月20日に発生した豊後水道を震源とするM5.0の地震により同県佐伯市で最大震度5強を観測。
更に、今月2日には隣接する熊本県阿蘇地方を震源として震度5弱の地震が発生。
この地震により大分県内の一部地域で震度4を観測するなど、有感地震数が増加傾向にある九州地方の中でも
熊本県から大分県にかけてのラインよりも北部に位置する地域で特に活発化している様子がうかがえる。

これらの事から特別警報(級の気象事象)と地震との相関性に着目し、【1】から【7】全ての特別警報について、
全有感地震のうち震度的に大きかった地震との相関性を過去に遡り調べた結果を記す。

*** 続く ***

  • [294]
  • 特別警報の全事例

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年 7月10日(月)00時36分21秒
 
過去これまでに発表された特別警報は次の通り。

【1】2013/9/16
警報種別:大雨
対象地域:京都府・滋賀県・福井県

【2】2014/7/7~7/9
警報種別:暴風・波浪・高潮
対象地域:沖縄県

【3】2014/8/9
警報種別:大雨
対象地域:三重県

【4】2014/9/11
警報種別:大雨
対象地域:北海道石狩、空知、胆振

【5】2015/9/10~9/11
警報種別:大雨
対象地域:栃木県・茨城県・宮城県

【6】2016/10/3~10/4
警報種別:暴風・波浪・高潮・大雨
対象地域:沖縄県

【7】2017/7/5(~7/6)
警報種別:大雨
対象地域:島根県西部・福岡県・大分県
※福岡大分両県のみ6日まで継続

以上


*** 続く ***

  • [293]
  • 特別警報について

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年 7月10日(月)00時31分53秒
 
2013年8月30日から運用が開始された。

同年9月の京都府を中心とした大雨や翌2014年7月に猛烈な勢力で沖縄県に接近した台風など、既にいくつかの発表例がある。
運用開始後当面の間は、原則として都道府県単位(ただし、北海道は7区分、沖縄県は4区分)で発表される。
特別警報が発表されるときは、経験したことのないような異常な現象が起きうる状況で、かつ、
それまでの数十年間災害の経験が無い地域でも災害の可能性が高まっている状況である。
対象地域の住民は、直ちに命を守る行動をとることが推奨されている。
ウィキペディアより

以上は特別警報についてのあらましだが、過去これまでに発表された特別警報の全事例を次項に記す。

尚、特別警報とそれに付随する各情報については主にウィキペディアからの引用、抜粋、参考とし、
次項以降最終項まではその旨の表示を原則的に省略する。

*** 続く ***

  • [292]
  • 地震とは直接の関係はないが

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年 7月 9日(日)08時29分19秒
 
自然界のあらゆる事象に二重螺旋が深く関っているとして、
その二重螺旋の各ラインが交わる瞬間に最大の事象が引き起こされるという仮説が正しければ、
もしかすると宇宙の創生の瞬間、ビッグバンはこれに当るのではないだろうか。
という事はこの全宇宙の物理的ならびに時的空間は再び交わる瞬間を迎える事になるが、
これがビッグクランチの真相であり、それは次世代宇宙創成のビッグバンなのではないだろうか。

今現在、宇宙はビッグバンによりあらゆる方向に広がり、それは風船に描かれた★マークの広がりとして例えられる。
ところが最近の研究結果によると、その広がりの速度は場所により異なる部分がある事がわかって来たらしい。
その原因は不明との事だが、宇宙の広がりが二重螺旋的に回転しながら広がっていると考えれば、
広がり速度の部分的な差異を説明付ける事が出来るような気がする。

  • [291]
  • 微昇中

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年 7月 9日(日)07時45分17秒
 
僅かずつだが最大震度4以上の地震のM分布が確かに上昇している。
最終トップは昨年11月22日の福島県沖M7.4を少し上回る恐れがある。

が、これまでの状況を総合的にまとめると、少なくとも今後2ないし3年間は国内を震源とするM8.0を超える地震の発生はないはずだ。
という事はM7.7±0.2(M7.5~M7.9)の範囲という事になる。

しかしこの規模なら、地震に伴い引きお越こされる津波が甚大な被害級となる事は充分に考えられる。
万が一にも陸域震源による直下型地震ともなればその被害は熊本地震を上回り、
また、震源によっては阪神大震災をも上回り、東日本大震災に次ぐ被害規模となる恐れもある。

一方、結果的には2015年5月30日の小笠原諸島西方沖M8.1のようなタイプの地震という事も有り得るため、
憂いの中にも望みを捨てず、観察を続ける。

  • [290]
  • 青森県

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2017年 6月27日(火)21時08分59秒
 
青森県を中心に、大きめの地震の可能性。
現段階でその規模や発生時期を推定するのは難しいが、現状からM6.4±0.2、
この場合の予想最大震度は海域震源で5弱~5強、陸域震源で5強~6強。

時期については更なる調査を要するが、今後直近にて震度4程度の地震の可能性があり、
その地震が前述の大き目地震の発生時期を推測するポイントとなるかもしれない。
まずはこれらふたつの地震の順序が入れ替わり、突如として発生に至る事の無いように願う。