<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
*投稿パスワード HM専用スレッドです。
sage

  • [19]
  • 東北地方において大型発震の恐れあり

  • 投稿者:kyoto-HMメール
  • 投稿日:2014年 5月28日(水)00時41分39秒
 
(2014.5.28記)
現在、★★【広域】では全国を対象に警戒情報[全国140525-A-01]を発信中ですが、
全国の各地方におけるそれぞれの全域対象マグニチュード分布の各推移状況から東北地方がその震源となる可能性が極めて高い状態にあります。

地震の性質はM9.0の余震で、3.11以降度々発生しているレベルのものと予想されますが、一部のデータではM8.0オーバーの可能性
を示唆するものもあることから、懸念中のアウターライズ地震として特大型の地震となることも視野に入れ、
念のため最大限の警戒をもって対策を講じていただきたいと思います。

また、この地震がアウターライズ地震であると仮定した場合、
震源が浅いか深いかによって破壊メカニズムが異なり、発生する津波の質にも影響します。
データの現状から、今回は深さが10(~20)kmの位置が震源となる可能性が高く、
比較的海底地表面に近い部分が破壊開始地点となる正断層型の地震が考えられます。

陸側のプレート(北米プレート)の下に潜り込む海側のプレート(太平洋プレート)のうち、
既に潜り込みつつある部分(A)の速度が勢い余って、これから潜り込みを始めようとする部分との境界辺りが
引き裂かれるかたちで発生するため、太平洋プレートのうちA側(陸地に近い側)の跳ね上がりが大きくなり、
発生する津波高も総じて高くなる傾向が強いタイプの地震となります。

アウターライズ地震では震源域が3.11の震源域よりも更に東となり、
陸までの距離が遠くなるため地震波自体は到達までに減衰されて揺れそのものは各地とも3.11の際に観測した震度を
下回ることが考えられますが、津波についてはほぼ減衰することなく到達するものと思われ、沿岸の地形的条件によっては
3.11の際の津波に匹敵する高さとなる可能性もあります。

震度数値が大きくなくても、揺れが長く続くような場合は至急高台に避難し、身の安全の確保を最優先して下さい。