• [0]
  • タイペのプレートから見る地震予測

  • 投稿者:タイペ@相模原【管理者】
 
タイペのプレートから見る地震予測
-----
kyoto-HM公認専用スレッド
スレッド一覧[外部]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
メール
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
*投稿パスワード 専用スレッドにつき管理者以外の方の投稿はできません。
sage

  • [12]
  • お知らせ《重要》

  • 投稿者:管理者
  • 投稿日:2016年12月26日(月)01時00分30秒
 
このスレッドについて、スレッド管理者様より特に継続希望のお申し出のない場合、・・・

詳細は →→ こちら ←←

  • [11]
  • 海外発震情報

  • 投稿者:タイペ@相模原
  • 投稿日:2014年 1月 8日(水)03時19分23秒
 
2014年1月1日~1月7日

M2.5以上
発震回数 : 197回
内M5以上
発震回数 : 27回
期間内最大規模 : M6.5 (バヌアツ 1/2)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

期間概要
発震回数自体は少なくはないが、大きな地震が非常に少ない。
ただ、M6以上の地震は昨年12月18日の北マリアナ以来となった。
プレートの発震場所ではインド・オーストラリアプレート北側と
フィリピン海プレート西側が多く、太平洋プレートではトリプルジャンクションで
やや目立った。

  • [10]
  • 海外発震情報 11/1

  • 投稿者:タイペ@相模原
  • 投稿日:2013年11月 1日(金)12時42分54秒
 
2013年
10月1日~11月1日現在10:00まで

M4.5以上
発震回数 : 409回
最大規模 : M7.1 (福島県沖10/26・フィリピン10/15)
M6以上 : 15回

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●10月概要
M4.5以上の発震回数は少なく、比較的安定した動きだったと
見て取れる。
フィリピンでのM7.1の発震は余震を含め収束したとみられるが
周辺地域(フィリピン海プレート)はやや気にかかる。
→31日の台湾はフィリピン海プレートの西端にあたる。


●前月との比較
前1ヶ月間(9/1~10/1)に比べ、M4.5以上の発震回数は大減少
(先月514回)

前期間の最大規模はパキスタンでのM7.7
次いでペルーのM7.1と、比較的地震の起きやすいポイントで
大きめの発震が相次いだのが原因かと思われる。



  • [9]
  • 7日間の地震(世界)

  • 投稿者:タイペ@相模原
  • 投稿日:2013年 8月 1日(木)10時17分8秒
 
需要があるのかないのかわかりませんが
7/25~8/1現在までの世界の地震を載せます。

M6.5以上の地震は4回、M4.5以上は76回、M2.5以上は224回

特に大きな変動などは見られなかったものの、プレート境界部での地震の
群発が見られた地域もあり、やや活発なのかなぁという感じでした。

  • [8]
  • 日本の7月30日の地震の動き

  • 投稿者:タイペ@相模原
  • 投稿日:2013年 7月31日(水)16時46分21秒
  • 編集済
 
沖での地震が続いていたことに注視していたところ
やや気になることがあったので図にしてみました。

東日本大震災の震源地よりも陸側で微震が集中していたなぁ
と、ふとみてみると、震源地が規則正しく並んでいたのです。

その並びは、プレートとほぼ並行しており、プレート内部での地震ということが
見てわかりますが、それは地震では普通の事です。
ただ、ここまで綺麗に【プレートと並行し平衡ほぼ均一にしかも同じ位の距離で】
地震が発生するのは珍しいのではないでしょうか?



プレートが 「ズリー」 っと圧され、引っかかることなく
潜り込んでいるとでも言うのでしょうか…。

今後も注目してみてみます。




拡大しないと見づらいかもしれませんが、図を御覧ください。

  • [7]
  • 今週のプレートの動き

  • 投稿者:タイペ@相模原
  • 投稿日:2013年 7月27日(土)15時27分35秒
  • 編集済
 
今回の画像は世界のM5以上の20日から27日現在までの様子です。

今週はオーストラリア付近(太平洋プレート)での動きが
よく見られました。


ただ、規模は最大でもM6半ば止まりで、前震のような動きも観測されましたが
どうやら本震につながるような大きな変動ではないようです。

ただ、火山地帯での地震発生がそこそこ見れた(チリ・グアム・日本)ことを
気にしてみると、ややプレートの動きが活発になってくるのではないかと
思っています。

即大地震につながるような動きまでは見えませんが、火山地帯の、例えば
噴火や群発地震の発生には注視して行きたいと思います。

  • [6]
  • 海外発震情報

  • 投稿者:タイペ@相模原
  • 投稿日:2013年 7月24日(水)15時52分16秒
  • 編集済
 
【ペルー および チリ】

地震多発地帯でもあるナスカプレートのチリ・ペルーですが
ここ数日間の動きがやや活発になっております。

このプレートは東方向に、南米プレートに潜り込む形で
進行しており、年8cmほどのスピードがあります。

南米プレートは西へ、ナスカプレートは東へ潜るという大きな
プレート運動をしているために、広い範囲でM5クラス以上の地震が
起きる場所です。

火山性のものもあるため一概には言えませんが、やや頻発しているので
注意が必要かもしれません。

ちなみにこの場所の地震は地球全体にも影響をおよぼすほどの地震を
引き起こす可能性があるため、特に気にしたいと思います。

  • [5]
  • 海外発震情報

  • 投稿者:タイペ@相模原
  • 投稿日:2013年 7月18日(木)10時56分34秒
  • 編集済
 
短時間で連発した地震についてご報告致します。

  • [4]
  • プレートの気になるところ

  • 投稿者:タイペ@相模原
  • 投稿日:2013年 7月11日(木)15時45分34秒
 
後日ちゃんと書き込みを致しますが、ちょっと気になったので
残します。

直近の海外の地震などをプレートの図に合わせてみてみると、やや
インドオーストラリアプレートの動きが活発ではないかなと
思っています。

ここは以前より何度も書き込みをしているところですが、インドオーストラリアプレートは
北の方向に年数センチという速さで進んでおり、プレートの境や直上にあっては
今後もしばらく安心はできないと言われています。

かなり範囲が広いため、捉えるのは難しいのですが、インド・オーストラリアプレートの
動きによっては、オーストラリアの北に位置する日本にも影響が
出る可能性もあります。

このインド・オーストラリアプレートで、頻繁に地震が起きているポイントと言えば
スマトラ島付近・インドネシア付近・バヌアツ付近・ニュージーランド近海
遠いところだとインド北部もそうです。

特に気にするべきなのはスマトラ島付近とパプアニューギニア付近。
フィリピン海プレートへの影響が大きく、挟まれた地点であるというとこから
このプレートでの地震は要チェックです。

図などは今後載せていきます。

  • [3]
  • インドネシアの群発地震

  • 投稿者:タイペ@相模原
  • 投稿日:2013年 7月 3日(水)14時05分23秒
  • 編集済
 
[1]の記述から時間はたちましたが、スマトラ島での地震(アチェ付近)が
続きました。
7月2日のM6.1地震が本震と見れば、余震が続いているのかなと
感じ取れますが、数日様子を見たいということも有り
ご報告いたしました。

7日間の世界のプレートの動きとしては、先日から大きな変わりはないものの
やはりオーストラリアプレートの動きが目立ちます。

また後ほど。。。

  • [2]
  • 国内の地殻変動

  • 投稿者:タイペ@相模原
  • 投稿日:2013年 6月19日(水)03時41分39秒
 
図を載せられなくて申し訳ないです。

国内の地殻変動について、一部直近で気になるポイントがあります。

千葉東部、銚子は通常北西に引っ張られている傾向にありましたが
直近1ヶ月で見ると、わずかですが東に引っ張られています。

だから千葉で地震が…ということではなく、ねじれが発生していることなどから
相模湾付近、茨城南部は地震が起こりやすい状態ではないかと思います。

まだまだここについては勉強段階のため、もう少し長いスパンで
観察していき、情報の提供をして参りますが、とりあえずご報告まで載せました。

  • [1]
  • ご挨拶と簡単に…。

  • 投稿者:タイペ@相模原
  • 投稿日:2013年 6月19日(水)03時28分45秒
 
HM様に場所をいただき、色々と情報を発信していく予定でいます。

まずは簡単に現状のプレートの様子を載せてみます。

世界的に見ても、今週は非常に落ち着いており、M6を超える地震は
6月16日のニカラグア、ギリシャ、ニュージーランド北東沖、クリスマス島北東程度です。

M2.5以上の地震は国内の地震と同じように減少傾向にあり、規模も
M5を超える地震は多くありません。

図に載せたのは現在から過去7日間のM2.5以上の地震の記録です。
多く見えますが、比較的地震がよく起きている場所での発震、若しくは
やや大きめな地震の余震が重なっているだけであり、地球規模で見た
プレートの動きは【平穏】と見て取れます。

1点気になるところを挙げるならばジャカルタ~スマトラ島付近。
フィリピン海プレート南部、フィリピン東部はしばらく続いていた発震がピタリと
止まりましたが、押される側のスマトラ島西部~ジャカルタにやや動きが見られています。

今回は時間の関係上、こんなかんじで終わりますが
また時間ができましたら、小出しにはなりますが載せていきます。

皆様の参考になれば幸いです。