teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


>>レス

 投稿者:管理人  投稿日:2020年10月22日(木)23時37分30秒
  >>たくろうさん
タロウとレオのビデオは順番が滅茶苦茶というのはネットの噂で聞いたことあります。
1話と51話とか常識を疑うレベルですね。
普通に考えたらありえない組み合わせですが、裏事情を推測するとそうなのかなと
思う節もあります。
端的に言うと、抱き合わせ。
おそらくドラクエと糞ゲーを抱き合わせるのと同じ感覚でしょう。
栄光の第一話の抱き合わせに選ばれるというのはある意味名誉かもしれません(笑)。

タロウ終盤でもひときわ地味な話。
いや、ストーリー自体はそれほど地味でもないのですが、時期的にやはりタロウ終盤は
地味で恐らく人気もあまりありません。
他の組み合わせを見てないので完全に推測ですが、人気エピソードを1つ、そうでないのを
1つという感じで作ってたのでしょうね。
今では通しでブルーレイが出ているので、隔世の感あります。
タロウやレオのソフトが商売になるようになったのは、漸くこの世代(第三次ブーム含)が
発言権を得てきたからでしょうね。
その辺りはタロウの総括で書いてみたいと思います。

ではでは。
 
 

タロウ51話は

 投稿者:たくろう  投稿日:2020年10月22日(木)22時32分2秒
  管理人様、タロウ51話更新お疲れ様です。
もう何回か言ってますが、私はタロウは再放送も含めて子供の時は全く見ていなく(キャラとしてのタロウは好きでしたが)、
始めてみたのが20歳過ぎてレンタルビデオを借りて見たものでした。
ところが、当時のレンタルビデオでは、なぜか、1話から順番に収録されておらず、
1話「ウルトラの母は太陽のように」と51話「ウルトラの父と花嫁が来た」の2つの話がカップリングで収録されていました!
・・・なんであんな滅茶滅茶な収録をしていたのかとんとわかりませんが
(そのビデオシリーズの他の巻でも全然関係ない2つの話が収録されていたのを記憶しています)、
まあ、これはこれで強烈なインパクトがあったのは確かです。
なんせ東光太郎がZATに入隊したと思ったら、次の話ではいきなり荒垣隊長が消えて二谷新隊長が着任する話ですもん。
ほんと、当時あのビデオを出した会社(円谷?)は何を考えていたのやら、小一時間問い詰めたいところです。

あ、リンドンの回はこの手の話のお約束がてんこ盛りでしたけど、
何気に無難にまとまってて安心して見れる会ではありました(何気に南原のセリフはリアリティがあるものが多かった)。
だから敢えて1話とカップリングされたんだろうか・・・?
 

>>irysさん

 投稿者:管理人  投稿日:2020年10月19日(月)23時04分16秒
編集済
  いつもご投稿ありがとうございます。

>ブログも楽しく拝見させていただいていますが、やはりレビューを
>読ませていただくのが楽しみですね?

そう言っていただけると励みになります。
ブログは趣味的に楽しみながら書いてます。
レビューの方も最初は気楽に書いてたのですが、だんだんと気合入れて
書くようになった結果、筆が重くなりました(笑)。
自分的に中途半端なものは書きたくないってなってきたんですね。
ただ、それだとだんだん書けなくなるので、気楽にほぼ毎日更新を
目指して今はブログも力を入れてます。
同年代の人たちには同世代トークを、若い人たちには昔のオタク知識を
楽しんでいただければ幸いですね。

>人気怪獣タイラントの顔、あれは実はシーゴラスではなくリンドンの
>顔ではないかと思うのです。

なるほど。
とすると、着ぐるみ的にはタイラントの流用がリンドンの可能性も
ありますね。

>ナックル星人に操られた二代目(?)は実は画面外で倒されていて
>そいつだという説もあるようですが、

私もその説です。

>それよりもリンドンがその再生能力を駆使して他の怪獣と合体して
>誕生したのがタイラント、この説のほうが説得力があると思います

リンドン本体説は斬新ですね。
じゃあ流用どころか、地球で爆死したタイラントの細胞の欠片が合体して
リンドンに戻ったと。
ジャンボキングみたいでかっこいいですね。

>タイラントの一見するとトサカに見える部分も、ブラックキングの角が
>前後逆に付いているのだという人もいますので

瑳川さんのナレーションでタイラントの部位の説明ってされてましたっけ?
公式設定がある以上、なかなか覆すのは難しいとは思いますが。

>次回の更新も楽しみにしております!

あと2回なので、今年中にタロウを終わらせてから、セブンに戻ります。
ではでは。
 

タロウ第51話

 投稿者:irys  投稿日:2020年10月18日(日)00時25分6秒
  久しぶりの更新有難うございます(^ω^)
ブログも楽しく拝見させていただいていますが、やはりレビューを読ませていただくのが楽しみですね?

ところで図らずも管理人さんがおっしゃっている「リンドンがシーゴラスに似ている」というのは自分も引っかかっていたところです。
より正確に言うと、同じくタロウに出てきて今のニュージェネシリーズにもちょくちょく登場する人気怪獣タイラントの顔、あれは実はシーゴラスではなくリンドンの顔ではないかと思うのです。

度々ネットなどでも言及されますが、新マンに倒されていない(死んでいない)シーゴラスが怪獣墓場にいる、のは何とも不自然です。
ナックル星人に操られた二代目(?)は実は画面外で倒されていてそいつだという説もあるようですが、それよりもリンドンがその再生能力を駆使して他の怪獣と合体して誕生したのがタイラント、この説のほうが説得力があると思います(なのか!?)

タイラントの一見するとトサカに見える部分も、ブラックキングの角が前後逆に付いているのだという人もいますので、一考の余地はあると思うのですが如何でしょう?

次回の更新も楽しみにしております!
 

>>レス

 投稿者:管理人  投稿日:2020年 9月 9日(水)23時06分46秒
編集済
  >MOSSANさん

お久しぶりギムレットです。

>私が否定したいのは『考察』ではなく、『揚げ足取り』です。
>この場を借りてお詫びします…

気にしてませんので大丈夫です(笑)。
一応私のHPは揚げ足取りへの反論を試みるというコンセプトで始めました。
最近脳内補完が全くできずに、一から十まで説明されないと理解できない
ドラマ視聴者が多い気がします。
所詮作り物なんですから、破綻がないなんてありえないです。
そういう些末な重箱の隅(まあ根本的におかしいことも多いのですが)を
気にしてたらドラマなんか楽しめないし、それを意識してたら面白い
ドラマ作れないでしょ。
ノンフィクションのレポートとかじゃないんだし、特に特撮とかアニメは
エンタメなんですから、細かいことは気にしてはダメです。
それでも難癖付けて作品の価値まで貶めようとする人がいるので、
私は自分の脳内補完をこのサイトで発表することにしました。
と、話が大きくなりましたが、レベルとしては揚げ足取りと大差ないので、
そういう考えもあるのか程度に楽しんでいただければ幸いです。

>郷と上野の関係

郷とウルトラマンの融合が進んで、上野に対して他人行儀になってるのかも。
監督や脚本によっても変わるのかもしれませんね。

>レオ

レオの勢いや空気感は今にないものがあり、当時の世相も反映してて、
今見ると逆に新鮮ですね。
タロウは良くも悪くも普遍的な安定感ありますから(おとぎ話たる所以か?)。
昭和のウルトラって個人的には一番リアリティ感じるんですよね。
怪獣が出なけりゃ刑事ドラマと変わらない雰囲気ですし(あくまで個人の感想です)。

レオのご感想もお待ちしております。
ではまた。
 

レオを視聴中です

 投稿者:MOSSAN  投稿日:2020年 8月22日(土)20時52分10秒
  >ギムレットさん

>そう言われると困りますが
いや、大変失礼しました。
私が否定したいのは『考察』ではなく、『揚げ足取り』です。
この場を借りてお詫びします…

ただ、この歳でも真剣になってしまうシリーズですので、
ちょっとした違和感を感じることはあります(ウルトラの劇中で)
郷と上野の上下関係も、第1話から通しで観ていると、
やっぱり『何があったのか?』と思うわけで…
誤解を招く言い方でしたが、これも揚げ足取りではなく、私の素朴な疑問です。
時と場合によって上司と同輩を使い分けることにしていたのか、
それとも役者さん(若しくは視聴者)から意見があったのか?
ただ、坂田兄妹も亡くなり、番組も終盤… MATにおける郷の立場…
ちょっと郷が気の毒なように見えてしまいましたね。

話は変わりますが、今は少しずつレオを視聴しています(レンタルです)
第38話のアストラ(偽)がレオに助けを求める声は、確かに腹立たしいかも…
しかし、レオが『番組開始から前後編』という展開の理由がわかったような気がします。
あれだけのセットを一話限りというのは、もったいないですからね。

大林丈史さんの演技など、レオも見所が多いですが、今回はこの辺で失礼します。
 

>>MOSSANさん

 投稿者:管理人  投稿日:2020年 8月12日(水)21時34分12秒
編集済
  お久しぶりです。
管理人のギムレットです。

>大した問題ではありませんが、はっきりさせてほしかった部分でもあります。

会社勤めしてたらわかりますが、中途入社の場合最初は敬語でも年齢が
近かったらため口になったり、敬語使ったり結構いい加減になってきます。
郷と上野もそういう関係なのでは?

>視聴率だけでなく、玩具の売上とかも言われていたのではと思います

スポンサーの意向には逆らえませんからね。
戦隊シリーズがあれだけ長寿なのもスポンサーが盤石だから。
下手すりゃ私が死ぬまで続いてるんじゃないかって気もするくらい、
終わる気配がありません(笑)

>あまり真面目に考察するのも間違いですね

そう言われると困りますが(笑)、子供向け番組を真剣に見てる大人も
いるので、論評するのもいいでしょ。
昔の童話を研究する大人もいるわけですし。

>今の耳で聞いても、全く両者を繋げることができません

人それぞれですので。
ただ字面は凄く似てますね。

>要するに、年齢的なことも含めて、特撮への熱が薄れてきた頃でしたね。

私は最近東映の策略に嵌ってライブマンとかシュシュトリアン(笑)の
配信を見ていますが、本放送の頃は興味なかったですね。
まあ、シュシュトリアンは放送してない地域でしたが。
しかし東映のアーカイブというか映像資産は凄すぎる。
円谷単体では太刀打ちできませんね。
 

どっち付かず

 投稿者:MOSSAN  投稿日:2020年 7月 2日(木)17時19分21秒
  やっと新マンの全巻の視聴が終わりました。
一つだけ気になるとすれば、郷と上野の上下関係でしょう。
最初の頃は郷が上野を呼び捨てにしていましたが、終盤では敬語を使っています。
そうかと思えば、50話ではどっち付かず…
大した問題ではありませんが、はっきりさせてほしかった部分でもあります。

>視聴率っていつからうるさく言われ出したんでしょうかね?
視聴率だけでなく、玩具の売上とかも言われていたのではと思います。
儲からなければ、番組の予算も縮小されるのではないでしょうか。

>子供向け番組なんですから
あまり真面目に考察するのも間違いですね。

>和田アキ子だと勘違い
噂やデマというのは恐ろしいですね。
今の耳で聞いても、全く両者を繋げることができません。

>それっきり行方不明
私は役者の事情云々よりも、本編の流れがわかりませんでした。
要するに、年齢的なことも含めて、特撮への熱が薄れてきた頃でしたね。
そんなわけで、バイオマンは次回予告も真面目に観ていませんでした。
今回の配信でストーリーを知ることができて良かった。
 

>>たくろうさん

 投稿者:管理人  投稿日:2020年 4月19日(日)21時43分34秒
  お久しぶりです。
コロナのおかげで土日も外出する用事がなくなったのもあって、
頑張って更新してます。
ある意味在宅ワークとも言えますね(笑)。

>実は私も正直最後にユキがホームに残る展開に
>とってつけた感を感じて疑問だったんですが、

私の場合子供の頃に見てたから余計にそういう印象持ってましたが
やはり制作者は大人なので、ちゃんとユキの物語として描いてたんですよね。
ただ、子供の視聴者にそれが伝わったかは微妙でしたが。
特にこういう話は中学生くらいの年代が一番嫌いますからね。
自分も経験がありますが、中学生になって思春期になると、こういう話は
偽善ぽく見えて嫌いになります(所謂厨二病)。
まあ、そこで完全に特撮から足を洗うか、再び大人になって大人目線で見直すかは
人それぞれではありますが。
脱線しました。

>1972年生まれの私はサインはV(坂口さんはⅡの方かな?)は
>リアルタイムで見てませんが、

私も同世代なのでサインはVを見たことはありませんね。
因みに坂口さんはⅡです。
脱線ついでにコメットさんは九重祐三子版は見たことありませんが、
大場久美子版は見てました。
でもウルトラ兄弟がゲストに出てたのは記憶にありませんね(笑)。

>沢村忠

子供の頃かすかにキックボクシングがゴールデンで放映してた記憶は
あるのですが、沢村忠がどれだけ人気あったのかは覚えてませんね。
猪木や馬場と同じくらい人気あったのでしょうか?
自分が生まれるちょっと前の話ですが、まだまだ知らないことは多いです。

ではでは。
 

あとコラボといえば

 投稿者:たくろう  投稿日:2020年 4月19日(日)17時36分42秒
  コラボまで行かないかもですが、帰ってきたウルトラマングロンケンの回で沢村忠が出てましたね。
往年の名優の顔出しとかじゃなくて、当時現役のスーパースターとの共演だとこれが一番かなあ。
他にもさがせばあるかもですが。
 

レンタル掲示板
/78